ドラマのTBS復活か?秋クール「逃げ恥」「IQ246」健闘!視聴率上位5位までに3作

印刷

   TBS系の秋ドラマが好調だ。「逃げるは恥だが役に立つ」(火曜よる10時)は視聴率右肩上がりで、最近話は13・3%とヒットの目安とされる15%にジワジワと近づいている。「IQ246~華麗なる事件簿~」(日曜よる9時)も2ケタ台安定だし、「砂の塔~知りすぎた隣人」(金曜よる10時)も9%後半で10%が見えてきた。

   いまの視聴率ランキングで見ると、20%台を突っ走るトップのテレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜よる9時)は別格で、2位は「逃げ恥」、3位は「IQ246」、5位は「砂の塔」とベスト5に3ドラマとも入っているのだ。

   「『天皇の料理番』『下町ロケット』のヒットがTBSに本格的なドラマの作り方を思い出させ、自信が出てきたんじゃないですかね。終わったのかといわれていた『ドラマのTBS』の復活かもしれません」(テレビ番組制作会社幹部)

   年が明けて、2017年冬ドラマは解散するSMAPの木村拓哉を起用した医者ものなのだが、いまさらジャニーズアイドルでもあるまいに。元の木阿弥にならぬといいが。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中