「死のうとおもった。でも、しんさいでいっぱい死んだからいきるときめた」原発事故避難の児童いじめ被害

印刷

   東京電力福島第1原発事故で福島から横浜市に自主避難している中学1年の男子生徒(13)が、小学生時代に書いたいじめ被害の手記を、15日(2016年11月)に代理人の弁護士を通じて公表した。

   男子児童と家族は東日本大震災・福島原発事故のあった2011年の8月に横浜市に自主避難し、児童は横浜市立の小学校に転校した。その直後から複数の同級生から名前に「菌」をつけて呼ばれるなどのいじめが始まったという。いじめは6年生になるまでの4年間続き、手記によると次のような実態だった。

「ばいきんあつかいされて、福島の人はいじめられるとおもった」

   「○○○(加害児童名)○○(同)にはいつもけられたり、なぐられたり、ランドセルふりまわされる。かいだんではおされたりしていつどこでおこるかわかんなかったのでこわかった。」
「ばいきんあつかいされて、ほうしゃのうだとおもっていていつもつらかった。福島の人はいじめられるとおもった。なにもていこうできなかった。」
「いままでいろんなはなしをしてきたけど(学校は)しんようしてくれなかった。なんかいもせんせいに言おうとすると、むしされた。」
「いままでなんかいも死のうとおもった。でも、しんさいでいっぱい死んだからつらいけどぼくはいきるときめた。」

悔しさと覚悟

両親「訴訟してでも時間を返してほしい」

   横浜市教育委員会が設けた第三者委員会の調査では、男子児童が5年生のときには加害児童ら10人ほどと遊園地やゲームセンターに行くようになり、遊戯代や食事代、交通費など1回5万~10万円の費用を10回近く負担させられていた。男子児童は親の金を持ち出し、総額は150万円に上るという。

   市教委は「いじめを放置した認識はあります。子どもを苦しめたことは本当に申し訳ない」と謝罪した。

   司会の夏目三久「まわりの先生たちが何もできなかったのかということが悔しいと思いますね。ただ、自ら手記を公表したこと、『ぼくはいきるときめた』というところに強さと覚悟を感じます」

   サイエンス作家の竹内薫「心の痛みが叫びが伝わってきます。放射能は大丈夫だということをもっと伝えるべきだったし、福島は大変だからとみんなで共有してあげる授業をやればよかったのに、心の教育が欠けていました」

   いじめ被害の男子生徒の両親は「加害者や学校、市教委に対し、訴訟をしてでも時間を返してほしい」と訴えている。男子生徒は中学1年生になった今も不登校でフリースクールに通っているという。

   東京電力はこうしたことにどれほどの責任を感じているのだろう。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中