2018年 9月 21日 (金)

ヴィッセル元監督、J2得点王も死亡!コロンビア「旅客機墜落」悪天候で燃料切れ

印刷

   南米コロンビアできのう29日(2016年11月)、ブラジルのプロ・サッカーチーム「シャペコエンセ」の選手・関係者48人らを乗せた旅客機が墜落して75人が死亡した。チームは12月に日本で行われる「クラブ・ワールドカップ」への出場をかけた南米決勝に向かっていた。死亡者の中にはJリーグの元監督、選手も含まれていた。

   旅客機はボリビアからコロンビアに向かっていて、悪天候のため何度か旋回をしているうちに燃料がなくなった可能性があるという。墜落地点は空港から50キロのメデジン市の山岳地帯で、6人が生存しており、うち3人がサッカー選手という。

12月に日本で開催「クラブ・ワールドカップ」南米決勝向かう途中

   「シャペコエンセ」を率いていたのは、2009年にヴィッセル神戸の監督だったカイオ・ジュニオール氏。また、セレッソ大阪やジェフユナイテッド市原・千葉でプレーし、2013年にJ2の得点王になったケンペス選手(34)もいた。他にも3人の元Jリーガーがいるが、いずれも生存者名簿には載っていない。

tv_20161130150825.jpg

   1週間前の23日、ジャペコエンセの本拠地は歓喜に包まれていた。南米サッカー連盟主催の国際大会で初めて決勝進出を決めたのだ。選手たちの姿、声がたくさん残っていた。それが一瞬で暗転した。

   司会の小倉智昭「ブラジルはショックでしょうね。クラブワールドカップにはレアル・マドリードが来る。それにつながると思うんですが、クラブ選手権の南米代表を決める決勝の地へ向かう時にこの悲劇。本当かわいそうだね。ブラジルでは1部リーグ9位のチームが優勝したので大騒ぎだったわけですよ」

選手22人のうち生存3人

   笠井信輔ニュースデスク「選手は22人いたが、生存者は3人です」

   小倉「アメリカでは野球チームが飛行機で移動する時、全員が乗る。以前は何かあるといけないと分散したものだが」

   デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「チャーター機だと便利ですからね。番記者もカメラも乗れる。今回も21人の記者が乗っていました。客室乗務員が1人助かっているので、状況がわかるのではないいでしょうか」

   過去にも何度かサッカーチームの墜落事故はある。1958年にはイングランドの強豪、マンチェスター・ユナイテッドの選手らがミュンヘンで悲劇に会い、23人が死亡したが、チームは10年後に優勝した。

   小倉「アメリカのW杯の時も、アフリカのチームが乗った飛行機が墜落して全員が死亡した。スポーツは一緒にいるから犠牲者が多くなる」

   深澤真紀(コラムニスト)「めったにあることではないのにね」

   南米代表は不戦勝で決まるのだろうか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中