2017年、スーパーからレジが消える

印刷

   インターネット通販大手の「アマゾン」が2017年はじめにアメリカ・シアトルで開店する予定の「アマゾン・ゴー」。現在は、アマゾンの従業員のみが試験的に利用しているというこの店は、スーパーマーケットの進化形だ。なにしろキャッチフレーズは「行列なし、会計なし」。あのウンザリするレジの行列や、研修中の店員のもたつきなしで、食料品や日用品が買えてしまうというのだ。

   「アマゾン・ゴー」での買い物のイメージをつかむには、映像があるとわかりやすい。ということで、アマゾンが用意した動画「Introducing Amazon Go and the world's most advanced shopping technology」(『アマゾン・ゴー』と世界最先端のテクノロジーのご紹介)は、動画サイトYouTube(ユーチューブ)での公開から2日ほどで430万回以上視聴されるなど、爆発的な話題を呼んでいる。

入店時にスマホかざすだけ

   この動画によると、お客は入店する際に、自動改札機風の機械にスマホ(アプリ)をかざして中に入る。その後は、商品棚から買いたい商品をマイバッグに詰め込む。あとは、やはり自動改札のような機械を通って出て行くだけだ。

   これを実現しているのは、名付けて「『Just Walk Out』(出てくだけ)テクノロジー」だという。自動運転と似たような仕組みだそうで、センサーなど最先端の情報技術を駆使して商品の移動をトラッキングしているそうだ。商品をバッグに入れると、ヴァーチャル・ショッピングカードに追加。店を出るときにチャージされ、アプリ等でレシートを確認できるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中