1時間10分に質問28 小池知事にマシンガン質問攻撃!

印刷

   東京都の小池知事と都議会自民党のガチンコ勝負、自民党の意趣返しがあからさまになってきた。7日(2016年12月)行われた都議会の代表質問で、慣例となっている質問内容の事前通告なしに自民党都議が矢継ぎ早の質問をしたことから答弁に立った小池知事が右往左往する異例の展開があった。発言に慎重な司会の羽鳥慎一も「これは意地悪という感じがしますね」。

   代表質問で自民党のトップバッターとして登場した崎山知尚都議が「大きな黒い頭のネズミとはいったい誰のことですか?」などと約1時間10分にわたって矢継ぎ早に28項目の質問をした。

事前通告なしでガチンコ対決

   これまでの都議会の代表質問では、事前に質問内容を通告し調整するのが慣例になっていたが、小池知事が9月定例議会で「馴れ合いや根回しはいかがなものか...」と苦言を呈したことから、この日の自民党の代表質問では事前通告なしだった。

いじわる

   質問内容についてせわしくメモし答弁に立った小池知事は、自分が書いたメモが見つからずしばらく右往左往。「エ~、エ~すみません。順番が異なるかもしれませんがよろしいでしょうか?事前通告を頂けないこともありご理解賜りたいと思います」と、下手に出ながらもチクリ。

   歯切れが悪いながらも「よろしいでしょうか?」と答弁を終わろうとしたところへ、今度は「ネズミの話が抜けているぞ」のヤジ。気づいた小池知事が「はい、付け加えます。一言で、ご想像にお任せします」。

   都庁に16年間務めた佐々木信夫・中央大学教授「準備ができていないので曖昧な答えになりかねない。やはり質問事項は詳しく紙で伝えるべきだ」。タレントの高木美保「今回の方が緊張感はあると思う。ただ、ワーワー言う質問ではなく、質問事項を何本かに区切ったうえで答えるなど改善はいくらでもある」。

   崎山都議は「28問中19問については答えていなかった」と不満を漏らしていたようだが、全部答えろという方がムリだろう。羽鳥キャスターも「72分間ずっと質問し続け『19問答えていないぞ』では、これは意地悪という感じがする」と切って捨てた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中