ゲス川谷「本当にありがとうございました」 自粛開始でファン賛否

印刷

   バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音は12月8日(2016年)、活動自粛前最後のライブを終え、「12/3のZeppTokyoに来てくれた皆さん、本当にありがとうございました」「来れなかったファンの皆さんも、たくさんの言葉をありがとう」とツイッターで感謝をつづった。

   川谷は、16年9月29日発売の「週刊文春」(10月6日号)で、当時未成年だったタレント・ほのかりんと都内のバーを訪れ、テキーラで泥酔したことが報じられた。それを受け、決定済み公演が終わり次第、所属バンドの活動を自粛することを発表していた。

   ツイッター上では、ファンらから「待ってます!必ず戻ってきて!」「ずっとファンでいるから、ずっと応援するから」と温かいコメントが挙がる一方、「悪いんですけど待てば戻れるとか思ってるなら一生歌なんか届きませんよ」「やりたいことやって黙ってれば許されると思ってるんじゃねぇぞ」と厳しい声も寄せられた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中