「今年の漢字」は「金」だった! くずし字に「読めない」とブーイング

印刷

   漢字一字で世相を表す恒例の「今年の漢字」は「金」だった。昨日12日(2016年12月)午後2時、京都・清水の舞台で森清範貫主が揮毫した。しかし、これがあまりにも達筆で、ネットでは、「何?」「読めない」という声がしきりに上がった。

   日本漢字能力検定協会に応募した15万3562票のうち、一番多かったのが「金」だった。投じた人たちは、「リオ五輪で金メダルをたくさん獲ったから」、あるいは辞めた舛添要一・前都知事の金の問題もあれば、金ピカ衣装で「アポーペン」とやるピコ太郎さんもあった。

   「金」6655票で、以下「選」4723票、「変」4619票、「震」4606票......驚、米、輪、不、倫、乱と続いた。

   それはいいとして、加藤浩次も「これが金という字なんですか」という。

ほとんどの日本人読めない草書体

   そこでロバート・キャンベル先生が喜んだ。「達筆というんじゃなくて、違う書き方、くずし字だから、日本人の99%がもう読めなくなってしまっている」

tv_20161213131119.jpg

   加藤「金なんですね」「金です」「なんか、アメリカ人に教えてもらってる」(爆笑)「金へんの時はこれが基本。これから草書になる。できればみなさん、若い時から少し慣れてもらいたい」

   ウェンツ瑛士が「どこで見られる?」

   キャンベル「そば屋さんの暖簾の『生蕎麦』から、お菓子の包装紙、アプリもある」

   そこで出演者の今年の漢字を聞いてみると......

   キャンベルは「激」。特にアメリカの大統領選で激昂したのだと。

   ウエンツは「独」。芸能界で初めて一人になったなと感じた年だった。

   はるな愛は「愛」。加藤が「ハイわかりました」(笑)

   湯山玲子は「減」。「体重ですよ」という。56歳にして、4カ月かけて10キロ減らしたのだと。これは素晴らしい。パチパチ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中