カンニング竹山「奴のおかげで俺も今がある」亡き相方の命日に想いはせる

印刷

   お笑い芸人のカンニング竹山は12月20日(2016年)、亡き相方への想いをツイッターに書いた。竹山は1992年、中島忠幸とお笑いコンビ「カンニング」を結成。中島は白血病をわずらい、ウイルス性肺炎で亡くなった。

   「今年もこの日を迎える。もう10年。早いようで長いようで。奴のおかげで俺も今がある」と振り返り、「色々奴が基本を作って来た事務所のお笑い班も奴を知らない子達が売れたりと頑張っている。きっと奴も喜んでいるだろう。」と偲ぶ。「もう10年。今年もこの日を迎えた。ありがとう」と感謝で締めくくった。

   ツイッターでは「竹山さんのツイートを見て、エンタの神様で、入院している中島さんと電話越しでネタを披露していたのを思い出しました。その時はまだ小学生だった私も、今では成人しています」「もう10年ですか...今でも、カンニングのお2人のネタはDVDに残してます」と懐かしむ声が少なくない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中