「lynch.」明徳、大麻所持でバンド脱退 謝罪コメント発表

印刷

   5人組ロックバンド「lynch.(リンチ)」のメンバー・明徳が12月13日(2016年)に大麻取締法違反(単純所持)容疑で起訴されたことを受け、「所属事務所との契約解除」及び「バンドからの脱退」が20日に発表された。

   公式サイトで、明徳本人がコメントを発表し「今回、自身の軽率な行動により社会的に許されざる不祥事を起こし、メンバーをはじめ関係各所の皆様に多大なる迷惑をかけてしまったことをお詫び申し上げます」と謝罪。

   メンバーの葉月もツイッターで謝罪をし、「本人は心から反省しており、頭を丸め、地に額をつけ、僕たちに謝罪しました。僕の元に届いていたファンのみなさんの想いを伝えると、目を潤ませ、本当に申し訳ないと何度も口にしていました」と知らせた。

   今後は、ライブ活動は当面自粛し、活動再開については後日報告するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中