2020年 7月 7日 (火)

将棋62歳差の対決、最年少プロ・藤井聡太四段が加藤一二三・九段を破る

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   一昨日(2016年12月24日)行われた将棋の竜王戦6組1回戦で、最年少14歳の藤井聡太四段と最年長76歳の加藤一二三・九段が対戦、藤井四段が勝った。14歳2か月(9月)はプロ昇格の最年少記録だが、実はこれまでの記録は加藤九段の14歳7か月。これを62年ぶりに破ったばかりだった。敗れた加藤九段は、「大局観がある」と若きエースを祝福した。

   加藤九段は、1954年のプロデビュー。以来62年、名人や王将などのタイトルを獲得してきたが、お茶目なキャラクターで、「ひふみん」の愛称でバラエティー番組などに出演。4月のイベントでは、小田和正のラブソング「ラブ・ストーリーは突然に」を熱唱して、会場をわかせた。

   そんないわば「レジェンド」が、62歳も年の離れた新人との対戦となった。名古屋大学附属中2年生。将棋界最高峰の7大タイトル戦の一つ「竜王戦」。竜王への挑戦権をかけて173人が戦うトーナメントだ。

   学生服姿で現れた藤井四段は、集中すると、盤面に顔がつきそうなほど前のめりになる。集中している時の癖なのだとか。対する加藤九段は、チーズを取り出してムシャムシャ。

10時間の対局、最年少勝利記録も達成

   そうして対局19時間、日は落ちて、加藤九段の動きが止まり、藤井四段が攻め立てる。王手、また王手。そして藤井四段の110手目、加藤9段が「参りました」と一声。藤井四段が「ありがとうございました」と深々と頭を下げた。開始から10時間43分、プロデビュー戦初勝利だ。14歳5か月は、最年少勝利記録となった。

tv_20161226133324.jpg

   加藤九段は、「大変、素晴らしい才能の持ち主だと、初めて戦って思いましたね」と話した。藤井四段は「これからももっともっと精進していかなければいけない」と殊勝に語る。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中