包むワザさまざま紹介

印刷

   今年最後の「スゴ技Q」は包み方の極意を披露した。「『おにぎりの海苔がパリパリのままの包み方は?』『布団カバーを手早く包む方法は?』『ポチ袋はオリジナルの物が作れる』と話題満載でお送りします」(宮下純一レポーター)

パリパリ海苔のおにぎり作るには

   主婦の工藤綾子さんは、長女の七虹(ななこ)さんが好きな「パリパリ海苔のおにぎり」を作るために4日間工夫し続けて考案した。その手順は、①海苔の倍の大きさのアルミホイルを用意する②ご飯が付かないようにクシャクシャにする③中心部に海苔を置く④海苔とホイルを1センチの余裕を持たせて折り曲げる⑤反対側も1センチ開けて、重なる様に折る⑥セロハンテープをアルミホイルより4センチ長く切って(片側に残る様に)ホイルに貼り付ける⑦セロハンテープを折り返してアルミホイルに重なる様に折り畳む

   「おにぎりの大きさは100グラム程度で、アルミホイルにごま油を塗っておくと油でコーテイングされてうまくいきます」(工藤さん)。海苔がパリパリのおにぎりは大好評だという。

布団カバー掛け、まず裏返す

   一家3人分の布団カバーを包むのが苦手の土屋洋子さんの家に、お助けマンの古田土賢一さん(寝具メーカー主任)が訪れた。「まずカバーをひっくり返してください。その方が角にある紐が付けやすくなります。ファスナー側を手前にしてから角の紐に結びます。次に布団を中心に向けて両側から折りたたみます。ファスナーの間に手を入れて、違う手で折り目を抑えます。そしてカバーごと裏返して一気に引き上げます。布団の凹みが角ですから、そこを持って整えてゆけば出来上がります。ファスナーを閉める時は、指を1本中に入れて引けば布団の生地に絡まりません」(古田土さん)この手順での土屋さんは自己流の悪戦苦闘(5分40秒)よりも4割短縮した3分24秒で大感激だった。

ポチ袋は自家製で

   折り紙の達人小林一夫さん(国際おりがみ協会理事長)が、キャラクターのシールを張ったオリジナルのポチ袋の作り方を教えてくれた。「左側から白い裏面を折ります。次に模様のある表面を中心まで折り、手前で折り曲げて端は飾り部分で折り曲げておきます。裏返して模様面を上下2センチそれぞれ折って、中にお金を入れて厚めの書籍で重しをすれば立派なポチ袋が出来上がります。正しく世界で一つのポチ袋です」

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中