2018年 7月 19日 (木)

大トロ1貫5000円相当を390円で、どうぞ 史上2番目の高値でマグロ初セリ

印刷

   「さあ、景気のいい話です」と司会の夏目三久がパチンと手をたたいて、東京築地の一番マグロのセリを紹介した。毎年「今年一番いいマグロ」として値がつけられ、今年はおととし2015年の451万円、去年16年の1400万円をはるかに上回る7420万円ですしチェーン「すしざんまい」を展開する喜代村が6年連続でゲットした。

tv_20170105123541.jpg

   これまでの最高値は4年前、青森県大間産220キロに1億5540万円だそうだ。マーケティング戦略に詳しい四元正弘氏は「テレビ各局やネットでとり上げられる広告効果は3億円ぐらい」と話す。今年も高値が予想されていた。

   すしざんまい本店に置かれた今年の一番マグロ大間産212キロの前には住田洋リポーターがいた。「この1匹から1万5000の握りがとれるそうです。1貫5000円ということですか」「外国人観光客も驚いていました」と、黒々した魚体に見入った。

   木村清社長は「なんとか買えました。昼過ぎから解体します。値段?   大トロ1貫390円からの通常価格です。今年は景気がどうなりますか。まあ頑張ってやります」と太い声を振り絞っていた。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中