メディアへの嫌味に始まり質問拒否 トランプ初の記者会見、大荒れ

印刷

   アメリカのトランプ次期大統領(70)が12日(2017年1月)午前1時過ぎ(日本時間)、自宅であるニューヨークのトランプタワー特設会場で、大統領選後初の記者会見を行った。

   1週間後に大統領就任を控え超大国アメリカのリーダーらしく少しは民主主義の模範となる寛容に満ちた会見を期待したが、相変わらずの自画自賛に加え、嫌いな記者には質問をさせない一方的な会見だったようだ。

   会見の予定時刻を13分も遅れて登場した次期大統領は冒頭からメディアへの嫌味な演説で始まった。「本日お集りの報道機関に感謝したい。情報機関によって流されたナンセンスな情報を見て、正しい情報を知るために集まってくれたからです。メディアは私に対し好意的でなく偽のニュースを報じたところもあると思う」。

   演説では、メキシコとの国境の壁については「1年も待ってはいられない。すぐに造ってメキシコに金を払わせる」、貿易についても「ひどい状態だ。中国、日本、メキシコと交渉できる人材を集める」と自説を繰り返した。

ロシアのハッキングを否定

   ところが記者たちの質問に移ると様相は一変した。

玉川:どうやって国を運営

   記者から「プーチン大統領が民主党の情報をハッキングしたと書かれているが?」と質問されると、「全て嘘のニュースだ。そんなことは起きていない」と一蹴。そして記者の矛先をかわしたかったのか突然こんな話を。

   「この週末、素晴らしい人から取引の話があった。ドバイで20億ドルの取引をしないかという話だったが、断りました。断る必要はなかったのです、別にトラブルがあったわけではないからです。私は大統領として利害の衝突はありません。会社を運営すると同時に政府の運営もできる。それができるのは私だけです」

   しかし記者の追及は終わらず「あなたはハッキングを正当化しますか?納税証明書を公開しますか? 1970年代以降全ての大統領が公開するよう求められているんですよ」と矢継ぎ早の質問。

いやなことには答えない流儀

   これに次期大統領は「聞いたことがない、気にしているのは記者だけだ。私は勝ったんだ。大統領に選ばれたんです」と話した後、突然壇上を降り、代わって女性弁護士が利益相反疑惑について説明しだした。

   その後、戻ってきた次期大統領にヒートアップした記者たちが「質問させて下さい」と叫んでも「ダメだ!」「ダメだ!」「あなたは偽のニュースを流しています。質問させません」と拒否する始末。そして次期大統領は「ではグッバイ」と一方的に会見を終わらせた。

   案の定スタジオではこの会見には「呆れた」というコメントが相次いだ。

   タレントの高木美保「いやなことは答えない。このスタイルで外交をやられると一歩も進まず、ご機嫌取りを続けないといけなくなっちゃう」。テレビ朝日ディレクターの玉川徹は「これから一緒に仕事をする政府の情報機関の侮辱から入っている。これでどうやって国を運営できるんですかね」。

   こんな次期大統領のところへ安倍首相は真っ先に飛んで行き会談をしたが、何か秘策でも得たか?これから先の苦労が思いやられる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中