過去7回基準超えなかったのはナゼ? 検査データに改ざん疑惑

印刷

   東京都の豊洲新市場で地下水の9回目の検査の結果、環境基準を大幅に上回るベンゼン、ヒ素、青酸カリに含まれるシアンなどの有害物質が検出された。これまでの検査ではほとんど基準値以下だったのが、なぜ急に異なる数値が出たのか。番組では検査結果のナゾと今後の対応を追った。

   検出されたのは、施設内に設けられた201か所の観測用井戸の内72カ所。このうちベンゼンが35カ所、ヒ素が20カ所、シアンは39カ所で検出された。

   過去7回目までの検査では基準値以下にとどまっていたが、昨年11月に公表された8回目の検査では青果棟内の3カ所で、基準値の1.1~1.9倍のベンゼンとヒ素が初めて検出された。

「基準値79倍のベンゼンは危険」と専門家

   それが今回は最大79倍のベンゼンと初めてシアンが検出されたのも青果棟で、他にも水産卸売場棟や水産中卸売場棟でもまんべんなく検出されている。

   番組にゲスト出演した東京工業大学生命理工学院の小林雄一教授は「ベンゼンの環境基準値は一生飲み続けた時のリスクが10万人に一人の割で白血病を発症させるということなので、基準値の79倍は1300人に一人の割で発症する確率になり危険と考えている」と指摘する。

   では、なぜ急に環境基準を大幅に上回る汚染物質が顕在化したのか?   移転推進派で築地市場協会の伊藤裕康会長は「これまでちゃんと検査をやってきたのか」と疑問を呈しており、移転反対派では「(検査結果を)改ざんしただろうと疑われても仕方がない」という声すら出ている。

地下水管理システムの本格稼働が原因か

   都の説明によると、8回目の検査と今回9回目の検査では異なる点が二つあるという。一つは、8月8日から地下水管理システムの試運転を青果棟から始めた結果、前回8回目の検査で青果棟の3カ所で基準値以上のベンゼン、ヒ素が検出された。

   この地下水管理システムを10月から全域で本格稼働させた結果、11月21日から12月6日までに井戸から採水した9回目の検査で72カ所から基準値を大幅に上回る汚染物質が検出されたという。

   専門家会議メンバーの駒井武東北大教授は「地下水管理システムの本格稼働で地下水の流れが変わり、土壌中の汚染が新たに流れ込んだのではないか」と見ている。

   もう一つは、9回目の検査から都が委託していた民間の検査機関を変えたこと。そこで出てきたのが過去の検査データの改ざん疑惑。取材してきたテレビ朝日ディレクターの玉川徹によると、「7回までの検査で、数値が1回も環境基準を超えなかったのはむしろ不合理という専門家の意見があった」という。

   専門家会議の平田健正座長は「専門家会議のメンバーが立ち会って、複数の会社に依頼し3月までに再調査する」という。ただ、ゲスト出演した小林教授は「1回やって数値が下がった場合など、それで良しとするのには問題がある。数回やる必要がある」と注文を付けている。

文 モンブラン

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中