ベッカム妻ヴィクトリア、豊胸手術を告白! 「ゴージャスに見られたかった」

印刷

   デイヴィッド・ベッカムさんの妻で、ファッションデザイナーとして活躍する元スパイス・ガールズのヴィクトリア・ベッカムさんが最近、「豊胸」をカミングアウトしたそうだ。雑誌の企画で、18歳の自分に宛てて書いた手紙のなかで、「おっぱいをいじるのはやめたほうがいい」と、豊胸を行ったことを認めたという。

   「ずっと否定してきたけど、バカよね。不安だっていうサインだった。ありのままの自分が最高なんだと思うのが一番よ」(ヴィクトリアさんのものと思われる番組ナレーション)

デビュー後にボリュームアップ

   ヴィクトリアさんはスパイス・ガールズでデビューした1997年ごろには、胸がそんなに大きくなかったが、その後、大きくボリュームアップしていたそうだ。

なぜ告白?

   「99年に(豊胸で)入れたそうなんですけど、もっとゴージャスに見られたかったんです」(番組コメンテーターのデーブ・スペクター)

   しかし昨年には、胸を小さくする手術を受けたという。

   「なんで豊胸だったなんて言ったんだろうね」(司会の小倉智昭)

   「あの人は、けっこう正直にいろんなことを話す人。ファッションリーダーだけあって、そういう体験も率直に話したほうがいいということだったのでは」(デーブ・スペクター)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中