稀勢の里優勝でテレビ中継も盛り上がり!日本出身横綱誕生の瞬間視聴率26・5%

印刷

   久しぶりに日本出身横綱の誕生かと、日本中が稀勢の里の優勝を見守った。NHKテレビの中継放送の視聴率もグンと上がって、21日(2017年1月)の14日目に白鵬が貴ノ岩に敗れ稀勢の里の初優勝が決まった午後5時55分は26・3%を記録した。

   千秋楽の22日の平均視聴率は21・5%と15日間で最高の数字となり、結びの一番で稀勢の里が白鵬をすくい投げで破った瞬間は26・5%と最高となった。19年ぶりの日本出身横綱の相撲人気は盛り上がり、中継放送の視聴率もアップし層が。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中