<ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち>
ティム・バートンの「不思議の世界」今度は奇妙な子供たち・・・頭の後ろに不気味な口

印刷

   アメリカ・フロリダに住むジェイクは周囲となじめずにいるちょっと変わった少年だが、怪物に殺された祖父の遺言に従ってある島を訪れ、美しいが厳格なミス・ペレグリンと奇妙な子どもたちに出会う。ジェイクは初めて他人と打ち解け楽しい時間をすごすが、破滅的な危機が迫っていることを知る。みんなを守らなければならない。友情と冒険を描いた物語の始まりだ。

   「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」のティム・バートン監督が届けるファンタジー映画である。

  • ©2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.
    ©2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.

サミュエル・ジャクソンの「白い眼」怖い

   この映画の一番の見どころは奇妙な子供たちである。空を飛んだり火を操ったり、怪力であったり、透明人間であったり、頭の後ろにグロテスクな口があったりする。心臓を入れることによって、死者や人形を操る能力をもった子供もいる。

   不思議なことに、そこでは1940年の9月3日が毎日繰り返される。過去も未来もないのだ。しかし、それが彼らを守る手段でもあった。ジェイクたちは敵とどう戦うのか。子供たちの目玉を食べようとする邪悪なバロン役をサミュエル・L・ジャクソンが演じている。これがかなりのはまり役。特殊メイクの白い眼は怖い。ミス・ペレグリン役のエヴァ・グリーンよりジャクソンバロンの方が魅力的だ。

PEKO

おススメ度 ☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中