金正恩氏の兄・金正男氏暗殺される! マレーシアの空港で女性2人に襲われる

印刷

   北朝鮮の指導者、金正恩・党委員長の異母兄で、故金正日氏の長男、正男氏がクアラルンプール空港で暗殺された。昨日(2017年2月14日)夜の韓国メディアが一斉に報じた。正男氏は、北の工作員とみられる女性2人に、毒針で刺された、あるいは液体をかけられた、と伝えられるが、詳細は明らかでない。

   報道によると、正男氏は13日午前10時発のマカオ行きの便に、キム・チョルという名前で搭乗予定だったが、出国審査の前の段階で、近づいてきた2人の女性に襲われたらしい。北の工作員がよく使う毒針の可能性が高いが、空港の診療所に駆け込んだ正男氏は、「顔を何かで拭かれた」とも言っているという。

   正男氏は空港から救急車で病院に搬送される途中、死亡した。マレーシア警察は、正男氏の死亡を確認したが、死因は不明としている。女2人は、タクシーで逃走したとみられ、警察が捜査している。

   正男氏といえば、2001年に家族を伴って偽パスポート(ドミニカ共和国)で成田から入国しようとしたが、身柄を拘束された。小泉政権は、身元を特定せず国外退去にしている。正男氏はマカオや北京などで、事実上中国の庇護下にあったとみられる。

「三代世襲には反対」と発言、目の上のたんこぶだった

   しかし、金正恩氏が権力の座に着いた2012年からは、「場所、手段を選ばず金正男を除去せよ」という指令が出て、在中国の工作員には毒針が支給されたという情報もある。一方で、北の政府は正男氏の資金源を断った上で、息子と一緒に本国に戻れと召喚命令が出ていたが、正男氏は従わなかったとも。

誰が指示?

   正男氏は以前から、「私はただの自由人。金正日の息子ではあるが、北朝鮮の政治的ポジションにはいない」と言っていた。また、三代世襲には反対とか、北は開国しろ、などとも発言。最近は韓国への亡命を試みているとも言われていた。北がそれを阻止したとも読める。

   コリア・リポートの辺真一氏は、「金正恩にとっては、目の上のたんこぶ。勝手なことを言いまくっていたから、とうとうやられたかというのが、正直な感想」と、まあにべもない。

   北では、2013年の張成沢など粛清が続いており、この張氏との関係で、正男氏は中国にとってのカードになりえたのだが、今では「失われたカード」ともいわれる。

最近は北朝鮮を刺激していなかった正男氏

   正男氏とのインタビューを行ったことのある東京新聞の五味洋治・編集委員は、「この5、6年は北を刺激してなかったのに、なぜ?」という。

   夏目三久「誰が指示したのか」

   むろん、指示できるのは1人しかいないが、このところ不都合な人脈を粛清しているので、情報機関が先取りをして暴走した可能性もある、という。

   正男氏にはフランスの大学で学ぶ長男がいる。正男氏は五味氏に、「長男が卒業したら、また話そう」といっていたというが、「その口も封じられた」。

   夏目「韓国に亡命するという話は?」

   五味「以前、直接聞いたことがある。あくまで、北にいて、変えていきたいと言っていた。何かあったのかもしれない」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中