製造業復活にかけるトランプ大統領 日米、自動車問題は再燃する!

印刷

   思いつきのようなツイートや軽はずみな発言を連発し、国内外で大きな問題を引き起こしているアメリカのトランプ大統領。しかし番組によれば、そんなトランプ大統領にも終始一貫していることがあるそうだ。

「アメリカの産業、製造業をもう一度強くして、偉大な国、アメリカの復活につなげていくという強い思いは、一貫している」(番組のスタジオゲストで、長年、日米の自動車産業を分析してきたという自動車アナリストの中西孝樹さん)

   トランプ大統領は、アメリカ国外での自動車生産、日本からの輸出などをアメリカの雇用を奪うなどの理由から、強く批判してきた。

「トヨタがメキシコにあたらしい工場をつくると言っている。アメリカに工場を作らないのであれば、高い税金を払え」(トランプ大統領のツイッター)
「日本はアメリカに大量の車を輸出している。この問題は協議しないといけない。不公正だ」(トランプ大統領)
「実際、日本とアメリカの貿易でアメリカは貿易不均衡、大きな貿易赤字を抱えているが、そのなかで、自動車というのは非常に大きな割合を占めている」(番組のスタジオゲストの安井明彦・みずほ総研欧米調査部長)

   2月10日の日米首脳会談では、自動車などに関するトランプ大統領の発言が注目され、自動車関連企業など多くの日本企業が固唾を呑んで見守ったそうだ。ところが一変 日本の自動車産業への批判はなかったという。

   だが、専門家によれば、これによりトランプ大統領の「理解を得られた」などと考えるのは早計で、決して楽観はできないそうだ。

「(会談前は)本当に緊張感を持っていたが、結果的には非常に友好的なムードで、ほっとしているのが正直なところ。しかし、いまの状況を楽観するのは間違いではないかと思う」(中西)
「(自動車の貿易不均衡は)存在感が大きく、(今後)2国間で(経済などを)話し合う場合に、自動車が話題にならないことのほうが、むしろ不自然だ。どこかでこの話題はでてくる」(安井)

*NHKクローズアップ現代+(2017年2月14日放送「トランプ大統領で自動車産業は~日米首脳会談の先に何が~」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中