NHK入局直後から「危ない奴」だった暴行記者!知ってて放置していた上司や先輩

印刷

   NHKに不祥事が続いているのはなぜだろう。山形放送局酒田報道室の弦本康孝記者(28)が強姦致傷と住居侵入の疑いで逮捕された。週刊文春によれば、事件が起きたのは昨年(2016年)の2月23日。20代の女性宅に侵入して性的暴力を加え、2週間のケガを負わせた。女性からは事件当日に被害届が出され、初動の時点で弦本の名前が上がったが、慎重に捜査を進めた上で逮捕に踏み切った。だが、これだけでは終わらないようだ。弦本がいた前任地・山梨でも5件以上の強姦事件が起きていて、弦本が関与していた可能性が浮上している。

   弦本容疑者は早稲田大学を出てNHKに入社。甲府放送局に配属され、山梨県警を2年担当していた。そこで先輩社員ともめ事があったが、弦本はそれを「パワハラだ」と上に報告したため、先輩社員は他部署へ異動、弦本も富士吉田支局に異動させられたが、以来、同僚達は彼に注意をしなくなったという。

   これならどこにでもいるダメ社員だが、彼が山形に異動する送別会の夜、帰宅した女性職員が家に入ろうとしたところ、何者かに顔を手で覆われた。彼女は驚いてドアを強く閉めたため、犯人は腕を挟まれ、そのまま逃げた。その際も女性は警察に被害を届け出たが、その翌日、弦本は右腕を骨折して局に現れ、「階段で転んじゃいました」といい訳していたという。

   こうした弦本容疑者の数々の『疑惑』をNHKの上の人間が知らないはずはないのに、一人勤務の山形・酒田に異動させ1年間放置したため、今回の強姦事件を起こしてしまった。NHKの職場の上司達の責任が問われるべきだと、NHK関係者が語っている。一般の企業なら、テレビの前に社長が出てきて謝罪するのが当然のケースである。ましてや、皆さまのNHKである。このまま知らん顔をするわけではあるまいな。

   もうひとつのほうは、NHKという公共放送の根幹に関わる重大疑惑である。NHKは視聴者が支払う受信料で運営されている。2015年度の収入は過去最高の約6600億円になり、年々徴収額は増えている。その受信料の契約・徴収はNHKが業務委託する地域スタッフや下請け企業の人間がやっている。長崎県佐世保市にあるA社もその一つで、そこで行われていた悪質な受信料契約の手口を元徴収人が明かしている。

   簡単にいうと、受信料には「地上放送」と「衛星放送」の2つがあり、地上契約は2か月前払いで2520円だが、衛星なら4460円と倍近い。そこで、明らかに衛星放送が映らない地域の世帯に衛星契約をさせて、受信料を水増しするという「詐欺」をやるのが常習化しているというのだ。こうした手口をこの会社では「ブッ込み」と呼んでいるという。

   週刊文春は元徴収人の証言を元に被害者たちを取材し、6人が被害を認めた。なかには、翌月に気付いてNHK長崎放送局に問い合わせた。すると「すみませんでした。変更と返金の手続きをします」といわれたが、4か月経った今も音沙汰がないというのである。これが事実だとしたら、これだけでもNHK会長は辞職すべきである。同様のことは全国的に行われているはずだと、件の元徴収人はいう。彼は自分も刑罰を受ける覚悟で、彼がいたA社を刑事告訴することも辞さないといっている。

   私が聞いた話でも、NHKが親のいない留守宅に来て、留守居の未成年の娘に受信料契約書を出して、脅すように何の説明もなしに署名させたというケースがある。昔、新聞はインテリがつくってヤクザが売るといわれた。今でも実態はそう変わってはいないが、NHKのこのやり方はひどい。連続強姦記者が番組をつくって、詐欺師達が視聴者をダマしてカネを集めてくるのだ。NHK本体をこそ訴えるべきである。籾井会長が退いたからといって、NHKがいい方向に変わったわけではない。安倍政権が操る公共放送などなくなっても少しも困らない。NHK改革は視聴者が声をあげなくては始まらないのだ。

警視庁捜査1課長「暴力体質」TV女性記者を親善剣道で滅多打ち!「試合だから怪我当たり前」

   頭にくる話ばかりで恐縮だが、同じ週刊文春が報じている。警視庁の新任の捜査1課長(58)が1月26日の刑事部の武道始式で、「TOKYO MX」の新人女性記者(23)と剣道の親善試合をやり、課長が素人の女性記者の腕を連打して全治3週間の打撲を与えたというのである。この女性がとびきりの美人だったからでもあるまいが、あまりにも大人げないやり方である。

   それを見ていた沖田芳樹警視総監は「あいつは何者だ」と呆れていたという。週刊文春のインタビューにも「試合なんですから。試合で相手が怪我すると怪我をさせたほうは何か問題があるんですか?」と答えているのだから、この人間の品性を疑いたくなる。剣道、柔道など道とつく武道は、人間修養のためにあるのではないのか。

   2月9日に男児のわいせつ画像を撮影したなどの容疑で開発哲也容疑者ら6人が、神奈川県警など7県警の合同捜査本部に逮捕された事件なども、ゲスの極みである。週刊新潮によると、押収された画像は10万点以上で、被害を受けた児童は168人にも上る。なかには教師やNPO活動、ボランティアなど、教育者の顔をしてキャンプなどに参加して、就寝中の見回りやケガの手当などを甲斐甲斐しくやっていながら、男の子を撮影していたケースもあった。

   私にはまったくそのケがないので、小さな男児の裸などを見て興奮するという心理がわからないが、ネットではそうした愛好者が集い、写真や動画を交換し合っているという。こういう人間達も「大人になれない」種類の人間達なのだろうか。どうもこの頃、この手の大人達が増えている気がするのだが。

   バカはまだまだ続く。親子ゲンカで名前を売った大塚家具の大塚久美子社長(48)だが、名前は売ったが、売り上げはどんどん下降しているようだ。週刊新潮によれば、16年12月期決算は売上高463億円(前期比20%減)、最終損益は45億円の赤字と過去最悪だそうだ。父親時代の会員制や店での付きっきり接客を廃止し、高級家具から中価格帯への家具屋へ転換したことが裏目に出て、社員はいつリストラが始まるか戦々恐々としているそうである。親子ゲンカは犬も食わない?

超格安で国有地入手した安倍応援団「日本会議」幹部!昭恵夫人と親しい学校経営者

   お次は、安倍首相の妻・昭恵が親しい人間が運営する学校法人が小学校を開校すべく大阪・豊中市の約8770平方メートルの国有地を取得したが、その値段が破格に安く、安倍首相の力が影響したのではないかと噂されているというお話。

   この人物は籠池泰典理事長(64)で、安倍を支えているといわれる日本会議の大阪支部で代表を務めている。彼の運営している幼稚園では、毎朝の朝礼で君が代と教育勅語を唱和させ、年に1度、伊勢神宮への参拝をさせている。この払い下げ問題は、週刊新潮を読む限り藪の中だが、この籠池理事長は子どもからはとんでもない親父だと思われているようだ。

   次男がいうには、長男の結婚相手が気に入らず、顔も見ないで玄関から追い返した。三男は厳しく育てられたからか、高校卒業後に仕事にも就かないことで両親から白い目で見られ、ついには21歳の時自殺してしまった。だが、両親は園児達を神社の研修に連れて行っていて、遺体を長時間放置しておいたなどなど、子どもを教育する資格があるのか首をかしげたくなる人物のようなのだ。

   お次のバカは松本伊代と早見優の2人。フライデーによれば、旅番組のロケで京都市内のJR山陰線に立ち寄った際、踏切内に立ち入り、2人で「イエーイ」と笑顔で写っている写真をブログにアップした。大炎上し、京都府警から鉄道営業法違反の疑いで書類送検されてしまったのだ。

   50をオーバーしたおばさんがやることではないが、こんな写真を載せれば批判されるのがわかっていて、なぜやるのだろう。ネットはバカと暇人のものだと書いて物議を醸した中川淳一郎は、このケースではないが、店の売り物のおでんをツンツンしている動画をアップして逮捕(後に不起訴)された男のように、違法なことがわかっているのにYouTubeにアップしてしまうケースが増えていることについて、私にこう話した。

   彼らは、自分の仲間内だけで見られるように「鍵を掛け」ていると思って、英雄気取りなどでそうした動画をアップしてしまう。だが、そうしたバカ動画を探している連中が見つけ出し、それを公開してしまうから、あわてて隠そうとするが間に合わない。SNSは仲間内だけだから大丈夫だと思ってしまいがちだが、一度アップしてしまえば、それをこじ開けて公開されてしまう危険が常にあるようだ。

   ネットで話題といえば、東京・御徒町のメガネ屋が、万引き犯と思われる防犯カメラに映った人間をモザイクをかけて貼り出し、3月1日までに返却か弁償しないとモザイクも外すと宣言したことが、賛否分かれて問題になっている。万引き犯の映像や写真を貼り出すというのはこの頃よくあるが、これはやり過ぎだ、プライバシー侵害になるという反対意見も多い。

   私は正直、どちらともいえないが、週刊新潮も触れているように、書店の万引き被害はそれで潰れる書店が後を絶たないぐらいひどいので、何とか対策を打たなくてはいけないと思う。書店の万引き被害は売り上げの5%ぐらいあるといわれる。大型書店は防犯カメラを入れたり、警備員を増やすことで対応しているが、その警備にかかる費用も、以前ジュンク堂の社長に聞いたら5%はかかるというから、悩みのタネである。

   万引きは犯罪である。そうしたことを徹底させるためにどうしたらいいのか。本や雑誌1冊1冊にタグを付けて、万引きして外に出ようとすると警報が鳴るというシステムを導入しようと検討されたが、そのための費用がバカにならないので頓挫したようだ。いい考えはないかな。

芦田愛菜ちゃん「合格おめでとう」1日12時間の猛勉強で慶應中等部

   次は明るい話。名子役だった芦田愛菜も小学校を卒業だそうだ。しばらく見ないと思っていたら、昨年夏から仕事をセーブして1日12時間の猛勉強をして超有名私立中学に合格したという。週刊新潮によると、ひとつは女子御三家の女子学院、もうひとつが慶應中等部だそうだ。

   えらいものだ。天晴れである。セリフを覚えるため記憶力が他の子どもより優れていたということも少しはあるだろうが、それだけではこの学校には受からない。どちらを選ぶのか悩ましいが、女子学院は芸能生活優先は認めないから、慶應が有力だという。容姿、演技力、頭脳と、三拍子も四拍子も揃った人間というのはいるのだな。ため息が出る。

   最後に週刊ポストの記事を2本。三菱商事の3月の連結最終損益が4400億円の黒字になる見通しだと発表されて、創業以来の赤字転落からV字回復するため、伊藤忠商事に奪われたトップを奪還するという。三井物産も3300億円の黒字で、この財閥系商社の復活によって日本経済は黄金時代に入るというのである。

   あまりにも単純なので眉に唾をつけたくなるが、週刊ポストの根拠は、トヨタやソフトバンクのような単体企業ではなく、多くの傘下を抱えるから安定感があり、財閥系は歴史的に見て自社と同じように日本が大事だと考えるから、日本経済に与える影響が強いというのである。まあ、いろいろな理屈をつけてこれからは株価が上がるといいたいのだろうが、そうなるとは、こちとらちっとも思わないのだがね。

「おんな城主 直虎」も気になる歴史ミステリー!子孫・井伊大老の首が行方不明

   ところで、NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」の視聴率がいいようだが、その直虎の井伊家で、直虎以上に有名なのが井伊直弼であろう。1858年に日米修好通商条約を締結した直弼は、開国に反対する攘夷派を徹底的に粛正して恨みを買い、1860年に江戸城桜田門外で水戸・薩摩の脱藩浪士たちに暗殺される。直弼の遺体は当時の荏原郡世田谷村、現在の東京都世田谷区の井伊家の菩提寺・豪徳寺に葬られたとされてきた。

   しかし、週刊ポストによると、2009年に墓石が崩れ、地下を確認したら、中には何もなかったというのである。隣に建つ妻の墓には石室が確認されたが、直弼の遺体が消えてしまっていたのだ。豪徳寺側は、寺としては「ご遺体は埋葬されていると認識しております」というが、ないことは間違いないようだ。

   他に埋葬されている可能性があるのは、井伊家縁の寺で彦根市にある天寧寺、栃木県佐野市にある天応寺の2つ。 だが、どちらの寺もここにはないという。襲撃に加わった水戸浪士が直弼の首を持ち帰り、水戸市内の妙雲寺に埋葬されているという説もあるようだ。だが、そうすると胴体は?

   歴史学者の八幡和郎氏はこういう。「暗殺を首謀した水戸藩による直弼の遺体への意趣返しを恐れ、あえて公にしたのとは違う場所に埋葬したのかもしれない」

   こうした歴史ミステリーは私も好きだが、200年にもならない時代のことがわからないのだから、ピラミッドの謎がなかなか解けないのも無理はない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中