2019年 1月 24日 (木)
メンテナンスのお知らせ:1月25日(金)10:00~11:00の間ログイン機能がご利用いただけません。

火災9日前に取材していた「スッキリ!!」 アスクルの最新鋭ロボも焼失の恐れ

印刷

   「出火から5日たっても鎮火の目途がたっていません」(岩本乃蒼アナウンサー)

   先週木曜日(2017年2月16日)、埼玉県三芳町のアスクル物流センターで起きた火災は、消防が24時間態勢で放水しているものの、鎮火には至っていない。昨日(20日)までに敷地の6割、4万5000平方メートルが焼失し、三芳町では6世帯16人に避難勧告を出しているという。

   同センターは2013年に、建物113億円など、155億円をかけて建設され、梱包・配送なども行う同社の東日本の物流の拠点だそうだ。

最新鋭の梱包、仕分けロボを導入

   「スッキリ!!」では、火災の9日前にセンター3階部分を取材したという。梱包用ロボットや実験中の商品仕分けロボットなど、最新の機器が導入されていたそうで、「被害はどこまで及んでいるのでしょうか」(番組ナレーション)。

   アスクル広報によると、現在、商品は他の物流センターから出荷されており、配送が1日~2日、遅れる可能性があるそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中