知っているだけでチョイ得!「フランスパンは裏返しカット」「さい箸で吹きこぼれ防止」

印刷

   知らない人は損してると、暮らしの中の「チョイ得技を紹介します」(宮下純一リポーター)と特集した。なかには、きゅうりの輪切りのときに包丁の刃に楊枝をテープで張り付けるとくっつかないというような、かえって手間がかかりそうな"知恵"もあったが、なるほどというアイディアも多い。

★じゅうたんのこぼし染みは掃除機で消える

   こぼしたジュースなどを拭きとったら、たっぷりと水を含ませ、その上に乾いた雑巾を置いて掃除機のノズルを当てると、水とともに染みが吸い上げられてきれいになる。

★フランスパンがスパっと切れる裏返し

パンをきれいにカットしたいのに、家庭の普通の包丁だとボロボロになってしまう。「フランスパンなら裏返してください。底面の方が焼き目が強く、包丁が入りやすいんです」(ナレーション・小林優子)

   ゲストの藤本美貴(タレント)がやってみると、なるほどスパッ、スパッとカットされていく。

ラップの切れ目が見つからない

★網戸してるのになぜか虫が入ってくるの?

ガラス戸を開けて網戸にしているのは左側か右側か。チョイ得技は「右側なら虫は入りません。左側だとガラス戸と網戸の間に隙間ができてしまうんです」(網戸・サッシメーカーの田中里子さん)という。

★さい箸1本で吹きこぼれ防止

   有働由美子キャスター「さい箸を鍋の真ん中に渡すだけなんです。さい箸を置くことで、泡をはじいて急速に沸騰するのを防いでくれます」

   夏に向かって、そうめんやパスタをゆでるときに役立ちそうだ。

★ラップの切れ目がすぐ見つかる

   ラップの切れ目が見つからずイライラすることは多いのだが、このとき、野菜のオクラが入っているネット袋をかぶせるてクルッと回すと、切れ目が起き上がってくる。

バナナ剥かずに皮ごと2等分

★サラダドレッシングは横に振れ

   サラダドレッシングはかける前に容器を振って分離した油を混ぜるが、縦振りではなく横振りが正解。容器の真ん中を持って、手首をひねるようにして振る。

   このほか、「バナナを2等分したいとき、折るとグチャグチャになってしまいますが、引っ張ると・・・ほれ、この通り」と宮下がやって見せると、見事にスッパリ2つになった。「バナナの繊維は年輪のようになっているからです」(有働キャスター)。ネジ山がつぶれたネジを緩めるときは太い輪ゴムをかませると簡単、雑巾しぼりは横より縦の方が手首に力が入るなどのチョイ得技が次々と紹介された。

   役立つ技が満載なのだが、実際にはその時になると忘れてしまっていることも多いだろう。番組ホームページでまとめてあると便利なのだが、残念ながらない。

カズキ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中