森友学園、小学校設立申請取り下げ、理事長辞任表明 「独演会」のような会見許したメディアの責任も大

印刷

   大阪豊中市の国有地安値払い下げで渦中の学校法人「森友学園」が先週金曜日(2017年3月10日)に会見し、建設中の小学校の設立申請を取り下げたと発表した。籠池泰典理事長は理事長を辞任するとしたが、疑惑の多くについては、まともに答えず、最後は一方的に会見を打ち切った。

   籠池氏は、開口一番「瑞穂の国記念小学院の設立の申請を取り下げてまいりました」といった。問題の払い下げ国有地に4月開校予定で建設が進んでいた小学校だ。「苦渋の決断。涙が出るような気持ちでありました」。さらに、理事長を退任すると明かした。

3つの「建設費」全部正しいと強弁

   しかし、様々に伝えられる疑惑については、強硬に否定した。小学校の設立で3カ所に出した「建設費」の金額が異なっていた件では、「偽造ではありません。全部正しいものだ」と不可解な説明。

   7億5000万円(大阪府)、15億5500万円(関西エアポート)、23億8000万円(国)、全部正しい? こうした疑問への記者のツッコミぶりが全然見えない。

   また、政治家との関係については、稲田朋美防衛相らの名前が挙がっているが、「想像にお任せします」。また、金を渡そうとしたので拒否したと話した鴻池元防災相についてもうやむや。

長男、会見かきまわす

   経営する「塚本幼稚園」で開いた会見には、籠池氏のほか長男の佳茂氏が同席して、どういう資格なのかよくわからないまま、度々話に割って入っては持論を展開した。

   鴻池氏についても、「金銭じゃない」(父親は商品券だったといっていたはず)。面談記録や、申請書類の内容を聞いても、それが流出しているのが「けしからん」と話をすり替える。記者が「あなたには聞いてない」と言っても発言を止めず、最後は父親に代わって、「会見を終わりにしませんか」という始末。しかも最後、「全保守の皆さん、日本を愛する皆さん......森友学園をよろしく」という呼びかけで締めくくった。

   これはまた、父親の上をいくような男で、家族の教育だけは行き届いているようだ。先日の府の調査の席で、写真を撮って調査をぶち壊したのは、理事長の妻、佳茂氏の母親だった。手口としては同じだ。

   そして、理事長の後任について籠池氏は、「長女の町浪(ちなみ)にお願いしようと思っている」と話した。幼稚園の教頭をしているという。次の理事長の元でも、引き続き小学校の開設を模索するという。

   司会の夏目三久がボードの前で、「では次です」という。なにか一言コメントが欲しかった。

   しかし、こんな不思議な会見をさせること自体が、メディアの劣化を表している。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中