まるで「ユナイテッド航空」な馬

印刷

   巨大なアリゲーター(ワニ)が多く生息するアメリカ・フロリダ州で起きた意外な出来事が動画サイトのYouTube(ユーチューブ)で話題となっている。

   草むらにゆうゆうと腹ばいに寝そべる巨大なアリゲーター(ワニ)――。アメリカ・フロリダ州ならではの光景を撮ろうと、観光客らがスマホを向けていた。ワニの近くには数頭の黒毛馬がいて、おとなしく草を食んでいた。ところが、そのなかの一頭が意外な行動に出た。

   いきなりワニのところに駆けよると、ワニが跳ね上がるほどの勢いで足で何度も踏みつけたのだ。ワニはのそのそと逃げていき、見物客からはため息がもれた。「ほっといてあげればいいのに」とワニを気の毒がる人もいた。

   馬はなぜワニを蹴りつけたのか――。その真意は不明だが、動画の視聴者からは「この馬は、(搭乗中の乗客を引きずり降ろした)ユナイテッド航空の職員になるつもりではないか」「家族を守るためだったでのはないか」といったコメントが寄せられている。

   この動画は「Horse Stomps On Alligator - Only in Florida」(馬がアリゲーターを踏みつける・フロリダでしかありえない)というタイトルで4月12日に公開。以来、約1週間で180万回以上、視聴された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中