2018年 8月 19日 (日)

待ち伏せ襲撃「福岡・大金強奪」事前に引き出し・運搬情報キャッチ?

印刷

   福岡市の繁華街で白昼起きた3億8400万円強奪事件では、犯人たちは事前にかなり具体的で詳しい情報を持っていたようだ。強奪された会社員が銀行に到着する前に、逃走に使われた白のワンボックスカーはすでに同じ駐車場に止まっていたという情報があり、ナンバーも偽装するなど計画的だ。これは、この時刻に被害者の会社員が大金を引き出し、どこにクルマをとめるかを知っていなければ不可能である。

   警視庁の元刑事・吉川祐二氏は「(福岡空港で逮捕された韓国人グループが関係していたとすれば)国内の犯罪組織が外国人を実行犯に使ったのではないか。あまり大きくない組織だろう」とコメントした。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中