2018年 9月 20日 (木)

小栗旬と岡田准一が来店、櫻井しめ上げられる

印刷

   「嵐にしやがれ」(2017年5月13日よる9時~・日本テレビ系) 「隠れ家ARASHI」コーナーに、小栗旬と岡田准一が来店。もてなすのは、小栗の飲み仲間の松本潤と岡田のお気に入り櫻井翔だ。仕事のみならずプライベートでも密な付き合いがあるため、和気あいあいと進んだが、なまじお互いを知っているだけに容赦なくなるようで、櫻井が徹底的にしめ上げられる結果となった。

   小栗の得意技「ご飯をおいしそうに食べるコツ」を伝授してもらうことに。おいしそうに見せるポイントは一口目を大きく頬張り、噛んでいるときもおいしそうな表情を作ること。前日から食事を抜いて腹ペコにしておくのが、一番肝心らしい。演技力より、がっついて食べた方が真実味を感じさせるようだ。小栗が好物の親子丼を食べた後で、各自が競い合う。ただし、3人がトライするのは、苦手な食べ物。

   トップバッターの岡田はゆでたニンジンを丸のまま1本。「せめて切ってよ~」と不満たらたら。終始眉間にしわを寄せた渋い顔つき。手づかみで食べた後に「うまい!」と言ったものの、目が笑っておらず、ちっともおいしそうに見えない。松本はみょうがのたきこみごはん。食べっぷりは軽快。かみしめた後、グッと飲み込むと、「意外とおいしい」と笑顔に。どうやら食わず嫌いだったようだ。櫻井の前に出たのはパクチーだ。「バッカじゃねえの、マジで」とひとり愚痴る櫻井。食べる前こそにこやかな笑顔を見せるが、口に入れると一変。熱さをこらえて食べていることもあり、「うまい」と言っても、カメラ目線で怒鳴っているよう。思わず視聴者のドS感覚が呼び覚まされる瞬間だった。

アクロヨガフィットネスに絶叫

   4人はタイマッサージにアクロバットを融合させたヨガ「アクロヨガフィットネス」に初挑戦した。これは世界的ブームになっているもので、特技が武術でインストラクターの資格を複数持つ岡田も初体験となった。小栗・松本コンビと櫻井・岡田でコンビを組む。手を組んでジャンプしながら回転する「ジャンプブルズ」、松本組はきれいなフォームでキメたが、櫻井は終始へっぴり腰で岡田に無理やり振り回されているようにしか見えない。

   「ジェダイクロール」は、下に寝た岡田が上にいる櫻井を支えて手足を交互に動かすというもの。櫻井はカラスがクビを絞められたような悲鳴をあげ、「怖いー」と絶叫。櫻井は高所恐怖症、こんな高さでもダメらしい。ラストの「バード」では、寝ころんだ櫻井が足だけで上の岡田を支えることに。ところが、岡田が櫻井の足の上にのっただけで「ちょっと待って、降りたい、降りたい、降ろしてー」と櫻井、絶叫。のっているのは岡田なのに、大混乱状態のようだ。岡田をのせたまま足を屈伸させるはずが、足の痛みに耐えかね「できない」と早々と降参してしまう。松本組は難なく成功。2度の失敗でキレた岡田、へばっている櫻井にいきなり腕ひしぎ十字かためをかけるお仕置に出た。ひとたまりもない櫻井。にこりともせず、締め上げる岡田は、正に鬼教官の表情だった。散々な目に遭った櫻井、災難な日だった。

知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中