「加計学園」の学部新設計画に内閣府動いていた!文部科学省に「総理のご意向」の記録文書

印刷

   安倍首相の知人が理事長をつとめる学校法人「加計学園」が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について、文部科学省が内閣府から早期の対応を求められたという内容の記録文書を作成していたことがわかったそうだ。これは朝日新聞独自のニュースで、今朝(2017年5月17日)の一面記事で伝えているという。

   文書は昨年(2016年)9~10月に作成され、文部科学省関係者もホンモノだと認めているという。文書によると、内閣府側は「(獣医学部の早期開設は)官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だと聞いている」などと文科省側に説明したそうだ。

   加計学園問題では、野党が「首相の友人が利益を受けている」などと国会で追及してきたが、安倍首相は「圧力が働いたことは一切ない」などと関与を否定しているという。

認可手続きに文科相が疑問

   「これは非常に重要なニュースで、真偽を確認する必要があると思います」「いま文科省が(加計学園の獣医学部)開設が適切かどうか、認可の手続きをしているなか、松野文科相がこの(早い)ペースで開設できるのかと疑問を持ったわけですね。その疑問に対して、内閣府から『総理の意向だ』との答えがあった。松野大臣は、なぜこういう疑問を持ったのか、その疑問をどう解消したのかは説明していただく必要がある」(「あさチャン!」コメンテーターの龍崎孝・流通経済大教授)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中