もう「文書ない」と言えない状況の文科省 現役官僚の証言ぞくぞくと

印刷

   「もはや文書はないとは言えない状況になってきてます」(羽鳥慎一キャスター)

   加計学園の獣医学部新設問題で、内閣府が文科省に早期の新設を求めたとされる文書について、文科省の現役職員がテレビ朝日の取材に対して、文書は存在し、共有していたと証言したそうだ。

   一方、文科省は「(文書を)確認しなかった」のは「存在しなかった」という意味ではないと答弁。松野文科相は「職員が実名で告発すれば再調査する」との考えを示したが、これは実名では証言しづらいと踏まえた上での発言と言えるという。

公益通報者保護法を利用しよう

ないとは言えない

   「もう、(文書は)ないって言えないですよ。各報道機関が実際に現役の官僚に取材して、証言されてるわけですから。公益通報者保護法って法律があって、文科省にも窓口があり、防衛省なんかだとパワハラ、セクハラも公益通報者として通報してください、と。法律には、そういう場合には必要な調査を行わなければならないと書いてる。(法律の)趣旨からいっても、(調査は?)やらなければいけないんじゃないか」(「モーニングショー」コメンテーターでテレビ朝日ディレクターの玉川徹)

   「なんでここまで再調査を拒否するのか。これだけ証言が出てきている。あらためて存在を認めて、調査すべきではないか」(羽鳥)

似顔絵 池田マコト

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中