立教大キャンパスの大木も倒れた!大雨、強風、雷・・・おまけに雹で首都圏大荒れ

印刷

   きのう18日(2017年7月)に首都圏を大雨、強風、雷、さらに大粒の雹(ひょう)が襲った。JR山手線も一時止まり、2万7000戸が一時停電した。雹は路面が白くなるほどで、車や傷つけ、窓ガラスが割れた住宅もあった。東京・池袋の立教大学キャンパスでは、強い雨と風で10メートルを超える大木が倒れた。

tv_20170719161227.jpg
司会の羽鳥慎一「台風よりすごい気象状況でした。雹もすごいですね、大粒で」
浜田敬子(「AERA」元編集長)「降り始めの時に外にいたのでびしょ濡れになりました」
羽鳥「大変でした。天気の急変には皆さん、お気をつけて」
文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中