佐々木健介、乗馬にまつわる「いい思い出」明かす  30年前にも同じ地で...

印刷

   元プロレスラーの佐々木健介が2日(2017年8月)ブログを更新し、乗馬にまつわる思い出を明かした。

   現在、佐々木と妻の北斗昌はカナダ旅行中で、今回はカナダで乗馬体験をしたという。

   佐々木は白馬に跨った写真とともに

「白馬に乗った王子様!には全然見えませんが...」

と自虐コメントをしている。佐々木は「重かったと思うけど、頑張ってくれてありがとう」と馬を労ったのち、カナダでの乗馬にまつわるエピソードを明かした。

   佐々木は、「若い頃、プロレス海外武者修行でカナダに来ていた時の事を思い出します」と当時を振り返り、その時のエピソードとして、

「ちょうど角川映画の『天と地と』の撮影をカナダでやられていた時に、偶然、角川映画の皆さんと出会わせて頂きました。そして試合がない日に誘って頂き、撮影現場にお邪魔をして撮影用の馬に乗せて頂いたんです」

との思い出を明かした。

   佐々木は「あれから30年近く経ちますが、心に残るいい思い出です」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中