2018年 5月 22日 (火)

御利益別「行列ができてる人気神社」案内!参拝のたびに違う御朱印

印刷

   「全国に神社はいくつあるかご存知ですか」と雨宮萌果アナが切り出す。コンビニより多い8万1000社だそうで、最近は神社ブームであちこちで参拝行列ができているという。ゲストの羽田美智子(俳優)も「大好きなんです。ブームになる前から伊勢神宮にお参りしたり・・・。パワーもらえるし、清らかな気持ちになりますよね」と話す。

   雨宮アナ「御朱印も進化しています。三社祭で有名な東京の浅草神社は、御朱印を押してもらうのに3時間待ち。七夕の日、夏詣でなど限定ものが人気で、何度もお参りに来るからです。1枚500円ほどです」

   栃木・日光の二荒神社は周辺の摂社と末社も回ると11枚の朱印を受けることができ、それぞれ神様が異なるので、御利益も健康祈願、商売繁盛、学業成就などいくつもの願い事がいっぺんにできる。東京・下谷神社は朱印状のお稲荷さんの印の色が毎月違う。北海道神宮(北海道)は雪の結晶、宮崎の青島神社はやしの木があしらわれているなど、神社側もリピーター狙いで独自の朱印状をPRしている。

26柱の神様が待ってる「祈願のスーパー」

   雨宮アナ「御利益別に神社をご案内します。まず、金運アップは・・・」

   佐賀・唐津の高島にある神社には、わざわざ船に乗って年間15万人もの参拝者が押しかける。その名も「宝当神社」。そう、お参りすると宝くじが当たるというのだ。たしかに、拝殿の壁には当たった人たちの「1億7500万円 オータムジャンボ」「2億5000万円 年末ジャンボ」「4億円」などとお礼参りの札が張ってあった。

   京都の「御髪神社」は抜け毛の悩み、大阪の「日根神社」は安眠祈願で絵馬は枕カバー、北海道十勝の「乳神神社」は母乳授け、子宝・安産、乳がんなど婦人病平癒が叶うという。京都の「電電宮」は雷の神様で、機器の守り神としてお守りもパソコンやスマホに貼れるシール、下賀茂神社(京都)の境内にある「河合神社」は絵馬が手鏡の形をしていて、そこに描かれている女性の顔に自分の化粧道具で化粧を施すと美人になれるそうだ。

   三重の「神明神社」は26柱もの神様がいて、参拝ごとに女性の願いをひとつずつ聞き届けてくれるという。1位はやはり「恋愛・結婚」、2位は「出産」だが、子どもの受験合格の祈願に来た女性は「長男と次男が同時に受験なので、母親も一緒に来てもらって一人ずつお願いしました」。京都・祇園の安井金比羅宮は、石の穴をくぐってからお札を貼ると、悪縁切り、良縁結びが実現すると年間20万人も訪れる。

男性の願いを聞き届けてくれる神社

   視聴者から「女性ばかりではなく、男性の願いを叶えてくれる神社ないの」というファクスがきた。神社巡りマニアを自称するイラストレーターの上大岡トメさんは、「素戔嗚尊(すさのおのみこと)をお祭りしている八坂神社、氷川神社、須賀神社がいいんじゃないでしょうか」

   井ノ原快彦キャスター「彼女が欲しい男性は、女性が行く縁結びの神社の外で待ってるといいんじゃない? わざとぶつかったりして、向こうが縁を感じてくれるかもしれない」

   有働由美子キャスター「ああ~(なるほど)」

   イノッチに座布団1枚だな。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中