ラインメッセージで怪しいアカウント飛び交う 商品売り込む口実で犯罪に巻き込む?

印刷

   「激安贅沢コピー品」を売り込むラインメッセージが新たに広がっている。怪しいアカウントが大量に飛びかい「真夜中にたたき起こされた」「うっとうしい」と迷惑がる声があがる。これはなんなのか。

   「とくダネ!」は先週(2017年8月)からやり取りを続けてみた。先週は1人だった送り手が、今週は5人に増えた。朝からたどたどしい日本語で品物購入の意思を確認してくる「新人バイトのミキ」や、スタンプを活用する「キコ」、営業マン風の「王さん」も登場。2ついっしょなら安くする、朝までに買えば送料無料というのもある。しかし、使われる画像や振込先は共通点が多かった。

香港の無関係な電話番号ばかり

tv_20170808114122.jpg

   送られてきた香港の電話番号に電話すると「知らないよ」「うちは生産していない」「こちらは中国銀行香港支店です」などと、すべて無関係だった。もう一度問い合わせたら「これしかない、ひまなら行けば、変態」と返ってきた。

   阿部悦子リポーター「謎が多すぎるアカウントです。一人二役ありきかも」

   ITジャーナリストの三上洋氏は「日本を狙う、ラインに精通した犯罪。いまのところ、被害は確認されていないので、もしかすると実験的な試行錯誤で、もうかるなら、さらにやるということかもしれない」という。100人単位でバイトを集めてやっている可能性もある。

   司会の小倉智昭「何が何でも取り込んでやろうという気持ちが現れています。カード番号やセキュリティ番号を提供したら大変なことになりますよ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中