2018年 11月 21日 (水)

有村架純「ひよっこ」への思い語る 「しんどい時、苦しい時、辛い時。想像以上だった」

印刷

   女優の有村架純が15日(2017年8月)ブログを更新し、主演をつとめるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」への思いを明かした。

   有村は、

「ひよっこが終わるまでは、更新しないでおこうかな。と思ったのですが、残り一ヶ月を切って、なんだか変な気持ちというか そうかぁ。終わるんだなぁ。と他人事みたいな感覚になっている」

と17年4月のドラマ放送開始から4か月以上が経った現在の心境を報告。続けて、有村は

「しんどい時、苦しい時、辛い時。想像以上だったし、この6年間の中で初めての経験でした」

として、

「私にとって、ひよっこは新しい経験と共に、本当に学びの期間でした」

と思いを述べた。

   続けて、「毎度のことながら、始まりがあれば、終わりがきます。キャスト、スタッフ皆さんと一緒に、ラストスパート走らなきゃいけませんね」と最終話に向けての意気込みを語り、

「最後までみね子(編注:ドラマの役名)を演じたいと思います。どうぞ、見守っていてください」

とファンへのメッセージを綴った。

   「ひよっこ」は2017年9月30日に最終話を迎える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中