2018年 6月 21日 (木)

サッカーW杯出場の瞬間「視聴率35・0%」中継放送のテレ朝もヤッターッ!

印刷

   日本代表が来年(2018年)のサッカーワールドカップ・ロシア大会出場を決めたきのう31日(2017年8月)の対オーストラリア戦はテレビ朝日系で中継放送され、24・2%と高視聴率となった。瞬間最高は勝利が決まった午後9時25分の35%だった。

   テレビ朝日はきのうは朝の情報番組から前宣伝を流し続け、試合中継が終わった後の「報道ステーション」も埼玉スタジアムから放送するなど、サッカー一色だった。「もし負けていたら、報ステはお通夜のようになっていたはず。考えるとぞっとする」とテレビ朝日関係者は胸をなでおろす。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中