2018年 9月 19日 (水)

「山尾志桜里」離党しなければならないほどの重罪か?民進党の情けない裏事情

印刷

   民進党の山尾志桜里議員がきのう7日(2017年9月)、「ご迷惑をかけました」と離党届を出した。不倫相手と報じられた倉持麟太郎弁護士については、政策ブレーンで「男女の関係はありません」と説明した。

   司会の真矢ミキは「悔しそうでしたね。ここまでわきが甘いことをする人なのかな」と苦笑し、国分太一は「山尾さんは疲れ切っていた」と話した。

   政治評論家の有馬晴海氏は「政策秘書は名ばかりで、実際は身の回りの世話役だから、弁護士や会計士にブレーンを探すことはあります」という。

議員辞職されたら補欠選挙が怖い

   真鍋かをり(タレント)「美男美女だから、リスク管理をしておけばよかったのに」

tv_20170908115822.jpg

   堀尾正明キャスター「疑惑を否定しているのに離党というのは、不思議な気がしますよね。党の方が切りたかったのではないのかな」

   有馬氏は「党内から議員を辞めさせろという声は出ていました。ただ、議員辞職となると、補欠選挙で自民党に勝たれてしまうという心配があり、離党で収めようというのが党内全体の流れになって、山尾さんも受け入れたようです」と解説した。

   テリー伊藤(タレント)「倉持さんは人間としてずるい。あまりにも山尾さんが前に出ている。いま山尾さんを守ることが大切だ」

   それにしても、近ごろ「不倫」を鬼の首でも取ったように糾弾する風潮が強いが、みなさん、そんなことで他人を非難できるほど清廉なのですかね。そもそも、不倫って悪い事なの?

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中