2018年 9月 25日 (火)

「豊田真由子」暴行容疑で埼玉県警が事情聴取!あらたな暴言も発覚

印刷

   豊田真由子・衆院議員が暴行の容疑で埼玉県警から事情聴取を受けていた。新たな暴言も明らかになった。暴行した元秘書とは別の秘書にも、「死ねば。おまえとか松森とか、生きる価値ない」「松森もすごいね。自分はのうのうと何百万円ももらっておいて、あの女、ほんとにふてぶてしいよな」と、言いたい放題だ。

tv_20170913124052.jpg

   松森とは夫の青森県板柳町議が政策秘書に就いて批判された公設第一秘書の女性らしい。

   小倉「この人はカッとすると、いつもこうなんじゃないのかな。間髪をいれずに言葉が出るのは芸人に向いている」

   たしかに、テレビのバラエティー番組の下品キャラ向きかもしれない。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中