2018年 5月 22日 (火)

大磯だけでなかった給食の異物混入問題 同じ業者が相模原市の給食でも!

印刷

   神奈川県大磯町の中学校の給食で、髪の毛や小バエなどの異物混入や「まずい」との理由から食べ残しが相次いでいる問題で、昨日20日(2017年9月)、この業者が相模原市の給食でも異物混入問題を起こしていることが確認されたそうだ。

   「なんでこんなことが起きてしまったのか。製造業者を直撃しました」(小倉智昭キャスター)

   「日本中をお騒がせしてしまってることは大変申し訳なく思っております」「重大なことを犯してしまったんだなと反省しております」(給食の製造会社の責任者)

tv_20170921182358.jpg

保健所の検査では問題なし

   一連の問題を受け、厚木市の保健所がこの業者の工場に立ち入り検査を行ったが、衛生上の問題はなかったという。

   「異物混入というのはショージキ、ゼロにはならないのが現状です。工場運営のなかで甘いところ、徹底されてない部分は反省して、現場の改善につとめていきたい」(責任者)と、マズイとの指摘に対しては、「ウチのがおいしいと胸を張って言える心境ではない」と話した。

   「おいしい弁当をつくってると私たちは自信を持ってますと言ってくんないとね。それくらいなの!? と思うよね」(小倉)

| 似顔絵 池田マコト

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中