「小池劇場」に自民党タジタジ・・・後輩・三原じゅん子まで動員して攻撃演説

印刷

   総選挙の主役がもっぱら小池百合子都知事となって、自民党は巻き返しに必死だ。きのう5日(2017年10月)の駅前の街頭演説では、太田房江参院議員が「二足のわらじ」、三原じゅん子参院議員も「政策以前のごたごた」と小池批判を展開した。

   かつて小池は三原を「私の可愛い妹」「永田町の希望の星」と応援し、三原も「先生についていきたい」と話していた。「ビビット」が演説後にそのことを三原に聞くと、「うーん、難しい。大先輩で、お世話にもなったし、尊敬もしている」と口ごもった。

   5日に定例都議会も閉会し、小池知事は各党へ挨拶回りしたが、自民党は去っていく後ろ姿に「バイバーイ」、公明党は握手も拍手もない。なんとも大人げない。

影薄い安倍首相・・・実はニンマリ

   ここへきて小池知事への視線が冷たくなっている。「都民ファースト」のチルドレン、音喜多駿都議と上田玲子都議は理由はよくわからないが離党し、かつて日本新党で小池氏を政界に入れた細川護煕・元首相は「小池さんによる倒幕が始まるかと思っていたんだが、どうも女帝っぽくなってきて、排除の論理を振り回すようでは、懐疑的にならざるをえない」「踏み絵を踏ませるなどというのは小賢しい。寛容な保守の看板が泣く」と語った。

   政治アナリストの伊藤惇夫氏「小池人気は、巨大な敵にいじめられて、それと戦う姿勢が評価されたもの。それが小池さんがいじめる側に回っているという印象になっている」

   すっかり影が薄くなってしまった安倍首相だが、案外、ニンマリしているのではないか。本来なら、森友・加計隠し解散、政権延命選挙と批判が集中するところだが、小池知事ばかりが話題になって、馬脚を現してくれている。しめしめってなものだろう。ワイドショーの扱いも来週10日の公示後は変わるのだろうか。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中