2018年 9月 22日 (土)

ハロウィーン「着替えロッカー」が使えない!トランプ来日警備で閉鎖

印刷

   11月5日(2017年)にアメリカのトランプ大統領が来日することになり、都心で厳戒態勢の警備がスタートした。警視庁は最大1万人以上の警察官を動員して主要駅やライフライン施設を警備する。すでに、地下鉄主要駅のコインロッカーには「30日(月)~順次閉鎖、来月7日(火)まで使用禁止」という注意書きが貼られている。JRでも同様の対応で、ごみ箱も使用不可になる。

   31日はハロウィーンとあって渋谷駅周辺は大騒ぎとなりそうだが、「着替えをロッカーに入れておこうと思ったのに、どうしよう」といった声がネットでは上がっている。

大統領専用車は厚さ20センチの防弾・防爆ガラス

   大統領が日本国内の移動に使う特殊車両も運ばれてくる。「ビースト」と呼ばれ、上智大学の前嶋和弘教授は「厚さ20センチのガラスで守られており、装甲車を超える防御力を持っています。ビーストと警備用車両を運ぶための専用飛行機で輸送され、総勢200人規模の警備団となるでしょう」と解説する。

   それにしてもなにしに来るのだろう。北朝鮮はこのタイミングを狙ってミサイル発射や核実験をやりかねない。日本周辺は緊張が高まるが、大統領と安倍首相は松山英樹プロを呼び出してゴルフをやるという。暴走する北朝鮮を日米連携で抑え込むといいながら、小春日和にのんきに「ナイスチョット!」・・・はて、どっちがホントなの。

文   バルバス
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中