2019年 1月 24日 (木)
メンテナンスのお知らせ:1月25日(金)10:00~11:00の間ログイン機能がご利用いただけません。

海老蔵が明かした東京国際映画祭の「ウラ話」 息子・勸玄くんが舞台裏で...

印刷

   歌舞伎俳優の市川海老蔵が27日(2017年10月)インスタグラムを更新し、第30回東京国際映画祭のイベント「歌舞伎座スペシャルナイト」に出演したことを報告した。

   今年で3回目となる同イベントでは、海老蔵が舞踊「男伊達花廓(おとこだてはなのよしわら)」を披露。あわせて、1953年公開の映画「地獄門」(衣笠貞之助監督、デジタル復元版)も上映された。

   海老蔵はこのイベントで、同映画祭コンペティション部門の審査委員長を務める、米俳優トミー・リー・ジョーンズとともに会見に臨んだ。インスタでは、その様子を写真付きで伝えている。

   海老蔵はジョーンズを「素敵な方でした」と振り返りつつ、

「それを裏で見守るカンカン笑」

とも報告。舞台裏から息子の勸玄くんが会見を見守る様子をおさめた写真も掲載されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中