2018年 6月 21日 (木)

ケビン・スペイシーさんにあらたな性的疑惑  「ハウス・オブ・カード 野望の階段」新シリーズ撮影が中止

印刷

   30年前のセクハラ疑惑が先月(2017年10月)から、取り沙汰されている俳優のケビン・スペイシーさんにあらたな性的疑惑が浮上し、影響が拡大しているそうだ。

   「今度は23歳だった男性俳優に性的暴行を加えた疑いが浮上しています」(水卜麻美・日本テレビアナウンサー)

23歳俳優への性的暴行の疑い

   イギリスメディアの情報としてスッキリが伝えるところによると、2008年、ロンドンの劇場で芸術監督をつとめていたスペイシーさんが当時23歳だった男性俳優に性的暴行を加えた疑いがあり、ロンドン警視庁が捜査に乗り出したという。

   スペイシーさんは先月、30年前に当時14歳の俳優、アンソニー・ラップさんにセクハラをしたとの疑いが明るみに出ており、謝罪していたそうだ。

   これらの影響で、スペイシーさん主演の人気ドラマシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の新シリーズ撮影が中止。今後もスペイシーさんを出演させないことが決まったという。

   スペイシーさんは映画「ユージュアル・サスペクツ」で第68回アカデミー賞で助演男優賞を獲得。「アメリカン・ビューティー」で第72回アカデミー賞主演男優賞を獲得した人気俳優だそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中