2018年 11月 20日 (火)

「日馬富士の暴行」知らなかったはずない相撲協会・・・白鵬、鶴竜も同席

印刷

   横綱日馬富士の貴ノ岩への暴行を、日本相撲協会はメディアで取り上げられるまで本当に知らなかったのか。その場には横綱の白鵬、鶴竜はじめ10人近い力士がいた。

    貴ノ岩が所属する貴乃花部屋の後援会長は「同じモンゴル出身ということで、貴ノ岩は黙っていたのだろう。親方に最初は転んだと言ったらしい」「入院といっても、暴行を受けたとは周りは聞いていなかったし、本当に転んだと思っていた。休場と聞いてあっと思った」と話している。

モンゴル出身同士でかばい合い?

   相撲取材50年の元記者、大見信昭さんは「モンゴル出身者が集まることはよくあるんです。交流といっても、横綱と前頭では立場の違いがある」と解説する。

tv_20171115150938.jpg

   司会の加藤浩次「これは許せないですね。相撲界は過去にも暴行、八百長といろいろあり、ここまで盛り返したのに」

   宮崎哲弥(評論家)「メディアにこういう形でバレるより、協会から明るみに出す方がよかったと思います」

   大沢あかね(タレント)「相撲界はまだ暴力があると思われてしまいますしね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中