2018年 8月 16日 (木)

自宅に防犯カメラ9台設置―ついに空き巣とっ捕まえた!映像見せると「勘弁して・・・」

印刷

   自宅に防犯カメラを設置して、ついに空き巣を取り押さえた人がいる。兵庫県加古川の自営業、戸村和嘉さん(49)で、やっと一安心している。戸村さんは去年(2016年)から2度続けて空き巣にやられたため、「絶対捕える!」と防犯カメラを購入した。それも玄関、居間など計9台。待ち構えて3か月。不審な男が映っていた。

   男はなれた手つきで部屋に入り、金庫と貯金を持って行った。ただ、金庫の中は罠としていた5円玉2個、貯金箱にはおもちゃのコインだけだった。その日は逃げられたので、以後はなるべく仕事を減らし、犯人が来るのを待っていた。

捕えてみれば81歳―増え続ける高齢者犯罪

tv_20171121114557.jpg

   そして、先週の15日(2017年11月)にまたまた現われた。バイクで逃げようとしているところを部屋に入れ、「警察に突き出す」と問い詰めた。はじめは「なんでわしが警察にいかんなんの? なんの証拠があるの?」ととぼけていたが、カメラの映像を見せると「勘弁してください」と観念した。かなり高齢で、落ち着くためかタバコを吸い始めた。

   男は藤岡一雄容疑者(81)で、窃盗と住居侵入の容疑で逮捕された。「お金が欲しかった」と容疑を認めている。

司会の羽鳥慎一「被害にあった人の執念ですね」

菅野朋子(弁護士)「今回は良かったですが、自分でやるということは、非常に危険なところもあります」

羽鳥「容疑者は81歳でしたね」

青木理(ジャーナリスト)「これから高齢者の犯罪が増える可能性もありますね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中