2018年 9月 21日 (金)

2足歩行ロボットがまた進化

印刷

   ロボット開発企業「Boston Dynamics」の最新世代の2足歩行ロボット「Atlas」の最新映像がインターネットで公開され、動画サイトのYouTube(ユーチューブ)では11月16日(2017年)の掲載から約1週間で1000万回以上視聴される人気ぶりとなっている。

   Atlasが一般に知られるようになったのは2016年のはじめのこと。たどたどしい足取りながらも、人間と同じように2本の足で雪の上を歩き、床に置かれた荷物を持ち上げて、棚に置くなどの作業をこなした。さらには、人間に作業を邪魔され、倒れても健気に立ち上がる姿は同情を集めた。

   それから1年余り、今回の動画「What's new, Atlas?」(やあアトラス、最近どう?)でAtlasは大幅な運動能力の向上を見せつけてくれた。1メートルほどの間隔で置かれた高さ数十センチメートルの台の上を次々とジャンプして渡ると、台の上で方向転換し、バク転して着地を決めてみせたのだ。

   2足歩行ロボットの「進化」を目の当たりにしたユーチューブの視聴者からは、感嘆や称賛の声が上がったが、それ以上に、ロボットに恐れおののくような反応が目立った。

   「もうダメだ、終わりだ。ロボットのほうが私より有能だ」「工場労働者はもうじき、ロボットに取って代わられそうだ」「私は人間がロボットの奴隷になる前に生きた」「すごいと思うけど、あと20年もしたら、ロボットがみなの家に押し入って電池を全部奪っていくんじゃないか。そうなったら笑えない」などのコメントが好評価を得ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中