貴乃花親方がもらした「一番悪いのは白鵬」 その真意は?

印刷

   「一番悪いのは白鵬」―元横綱・日馬富士の暴行問題で沈黙を守ってきた貴乃花親方が重い口をようやく開き始めた。

   「日馬富士は辞める必要はなかった。協会がすぐに受理したのはおかしい。まだ警察の調べも終わっていないのに...今回は単なる暴行事件ではない。一番悪いのは白鵬」

   先週(2017年11月)開かれた日本相撲協会の理事会後に、貴乃花親方が関係者にこう話し憤ったという。

   ただ、横綱・白鵬が「一番悪い」とする根拠は依然はっきりしない。そこで『スッキリ!』が貴乃花親方を知る3人に真実は何処にあるのかを聞いた。

   貴乃花親方と10年以上も親交がある高野山別格本山最福寺の池口恵観法主「(日馬富士が)手を出したとき、白鵬が『横綱がそういうことをすべきではない』と言えば収まった。本当はそれを言ってもらいたかったのでは」。

   相撲取材歴50年以上の大見信昭・東京相撲記者クラブ会友「(白鵬は)暴行が行われたときに日馬富士を外に連れ出したと言っているが、暴行が行われていた時そばで黙認していた。暴行したのと同罪じゃないかと貴乃花親方は思っているのでしょう」。

ガチンコで負けたから遺恨説

   10年前から貴乃花部屋に宿舎を提供し支援している辻本公俊祭主「今年1月場所で白鵬が貴ノ岩に負けた。ガチンコ勝負だから負けたんだろうね。(白鵬は)それから遺恨を持ったんじゃないかな」。

   一方、日馬富士と10年来の親交がある木原秀成・蓮華院金剛寺住職は「今頃、一番悪いのは白鵬というのは彼(貴乃花親方)の逃げ道の一つでしかない」。

   依然として真相はやぶの中だが、池口法主は核心部分を言わない貴乃花親方へこんな助言をする。「改革するというなら協会にいないといけないし、人の意見もある程度聞かないといけない、自分だけの意見ではいけない」。

   鳥取県警が先週末、日馬富士に対し9時間にわたり再聴取を行った。何を確認したかったのか気になるが、県警では今週中にも日馬富士を傷害容疑で書類送検する方針という。そのあと貴乃花親方の口から真相が語られるのかどうか。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中