2018年 11月 18日 (日)

注射痛くなくなるパッチ、今日から病院で使えます ただし効果出るまで1時間

印刷

   インフルエンザの予防接種といえば、テレビでは泣いている子供の絵が定番だが、そんな光景はもうなくなるかもしれない。痛くない注射のパッチが、今日13日(2017年12月)から病院で使えるようになった。ただし医師の処方が必要で、市販はされない。

   番組のディレクターが試してみた。病院で、問題のパッチを腕に貼る。そして1時間待つ。パッチを剥がして注射をされたが、「あれ、痛くない。刺された感じがしない」という。ホントなんだ。

   司会の羽鳥慎一が大げさに「魔法のような」と言ったが、魔法じゃなくて麻酔なのだ。パッチに皮膚に浸透する麻酔剤が染み込ませてあって、効き目が出るまでに1時間かかるというわけだ。海外ではすでに広く使われていたが、麻酔剤の使用に慎重だった厚労省がようやく認めた、ということ。同時に保険も適用になった。

羽鳥「大人でも痛いものね、注射は。それに当たり外れがあって、あの人痛くないのに、こっちは痛いなぁ、みたいな」

保険適用で80円

tv_20171213113644.jpg

   ただし、市販はされない。医師の処方が必要なので、事実上は病院で、あるいは医師の指示で、実際の注射の1時間前に貼り付けることもできる。保険が適用されて、80円だという。

   厚労省が考えている効果的な対象は、糖尿病などで注射回数の多い人、あるいは人工透析など太い針を使う場合だという。血液検査や予防接種などは、まあお好みで、というわけでもないだろうが、注射の痛いのが好きな人はいまい。

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「健康診断や人間ドックで、上手な人ならいいが、一回刺した後で、『あれっ』と出し入れされたことがある」(大笑い)
野上慎平アナ「健康保険で80円ですよ。それであの痛みが軽減できるなら、安い」
玉川「全額自己負担でもいい。保険に負担をかけたくないから」
野上「自己負担は250円くらいです」
浜田敬子(元アエラ編集長)「大人は自己負担でもいいかもしれないが、子供や高齢者はね」

   効果が出るまでに1時間、切れるのに1時間くらい。効果は皮膚だけだから、針が細くても太くても効くが、筋肉とか骨髄とか深いところは、別の痛みなので、別の麻酔が必要。また、薬剤そのものが痛みを伴うものは、緩和できない。

玉川「日本脳炎の注射は痛かった」 羽鳥「糖尿病患者には朗報ですね。われわれのような、痛いから貼ってというのとは違うから」
玉川「魔法じゃない。医学です」
羽鳥「今日、病院へ行く人は、聞いてみたほうがいい」

   しかし、1時間も待つくらいなら、痛いほうでいいという人も多いのでは?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中