2018年 7月 16日 (月)

クリスマス・イブに虐待で殺された4歳の男の子 母親が2人の同居男を逃がそうとした謎

印刷

   クリスマス・イブから翌日にかけて4歳の男の子が虐待の疑いで死亡し、母親と交際相手ら3人が殺人容疑で逮捕された。男の子は全身10数か所にあざがあり、腹部の内出血が死因だった。

   きのう25日(2017年12月)に逮捕されたのは大阪市箕面市の筒井麻衣容疑者(26)と交際相手の松本匠吾容疑者(24)、その知人の大倉敏弥容疑者(20)で、死亡したのは長男の歩夢ちゃん。25日(2017年12月)午前2時10分ごろ、「息子が息をしていない」と110番通報があり、警察官が駆け付け、病院へ運ばれたが死亡が確認された。

2人の男は「逃げたままではいけない」と思い出頭した

   松本容疑者と大倉容疑者は「しつけのために素手で殴った。もしかしたら死ぬかもしれないと思った」と話している。筒井容疑者は「今回は暴力を振るっていない」といっており、日常的に虐待が行われていたとみられている。

tv_20171226113840.jpg

   筒井容疑者にはもう1人の次男(2)もいる。離婚後は母親1人で育てていたが、今年(2017年)11月ごろから松本容疑者と大倉容疑者が集合住宅の2DKに移って来て5人で共同生活をしていた。筒井容疑者はその後、「もう疲れた」と書き込みをしていた。不思議なのは、事件後に「かばおうと思って2人を逃がした」と供述している点だ。だが、2人は「逃げたままではいけないと思い出頭した」として逮捕された。新聞報道によれば、3人とも無職だった。

   司会の小倉智昭「4歳というと、そろそろサンタさんのことを分かってくるころだよね。3人の大人たちは邪魔にしたのでしょうか」

   中江有里(女優、小説家)「胸が本当に痛みます」

   山田俊浩(東洋経済オンライン編集長)「虐待は、近所の人がどのように介入して行政につなげるかが問題ですが、難しいですよね」

   今回も児童相談所がネグレクトと認識し、虐待の疑いで見守りの強化をした最中だったという。

   小倉「児童相談所も忙しいといわれていますが、まず子どもを保護することができなかったのかと誰しも考えてしまいます」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中