2018年 5月 21日 (月)

女性のやけ酒がアブナイ! ゆうこりんも納得「身削った日は酒進みます!」

印刷

   忘年会に新年会、家族で集まってパーティーなど、宴会が増える年末年始。酒を飲む機会も増えるというものだ。

   翌日に響かないように飲みたいが、楽しくなってくると酒量をセーブするのもなかなか難しい。

   有働由美子キャスター「最近二日酔いはあきらめたんですけど、飲んでいる最中にグチグチ言ったり日本を論じたりする。悪酔いをやめたい」

おつまみはチーズにナッツ、納豆がオススメ

   消化器内科医師の浅部伸一さんによると、アルコールは吸収が早く、血中濃度が上がるのも早いので、ゆっくり飲むのが大事だという。

   副島淳プレゼンター「お酒と同じ量の水を飲むといいって聞きます」

   浅部さん「日本酒やワインなら、同じくらいの量の水を一緒に飲みながら飲むのをオススメしています。アルコールを薄めて吸収をゆっくりにすることと、アルコールには利尿作用があって脱水状態になりやすいので、水分を補給しつつ酒を飲める2つの効果があります」

   とは言え、酒を一口飲んで水を一口飲んで...と、考えながら飲むのも興ざめだ。

   浅部さん「私も他人には言いながら、ガンガン飲んでいます。最近やっているのは、時々ウーロン茶に変えてみる。ずっとビールばかり飲まないで、ノンアルコールで水分をとる。(交互に飲まなくても)結果として水分をとればいいと思います」

   すきっ腹で酒を飲むとさらに吸収が早くなるので、つまみを食べながら飲むべし。浅部さんのオススメはチーズにナッツ、野菜スティックと、定番のつまみだ。消化が遅めの、脂質、タンパク質、食物繊維が入っているものがよい。

   もう一つ、浅部さんのイチオシは納豆だ。タンパク質、アミノ酸が豊富で、繊維質なので消化がゆっくり。植物性で比較的カロリーが低いのも嬉しい。

   ちなみに心理学者の今田純雄さんは、過去の研究で、酒の飲み方の男女差を発見したという。

   今田さん「憂さ晴らしの時、男性は飲んで終わっちゃうんですが、女性はやけ酒が酒量を増やし、重篤な健康被害をもたらす。次の日記憶が飛んじゃっているとか、とんでもない二日酔いで苦しむとか、そういう症状は女性の方が多い」

   井ノ原快彦キャスター「男は単純なので、途中で楽しくなっちゃうんですよね」

   ゲストの小倉優子さん(タレント)「私もバラエティーで身を削ったなって日はお酒がすごい進むんですよ」

   1年間のストレスを年末年始で晴らしたい女性の皆さん、くれぐれも飲む量にはお気を付けて。

ピコ花子

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中