2018年 5月 24日 (木)

安室奈美恵の紅白出場は出来レース!? 快楽殺人犯・白石隆浩容疑者の驚愕画像

印刷

   今週の週刊文春は派手なスクープはないが、ワイドにいくつか面白い記事がある。

   まずは安室奈美恵が年末のNHK紅白歌合戦に出場することが決まった。最後の最後まで、無理だと思われ、所属しているエイベックスさえ事前に知らなかったという。

   NHKはどんな奥の手を使ったのだろう。週刊文春によれば、NHK関係者がこう話している。

「安室に対して、お金を払ってライブに来るファンを大事にする気持ちはよくわかるとした上で、『チケットを手に入れることができなかった二百万以上のファンはどうするんですか? 彼らは安室さんを見たくても見られないのです』と、応援してくれたファンにテレビを通して歌を届けるよう口説いた。安室はNHKの"殺し文句"に心を動かされ、"ライブに来られないファンのため"紅白出場を決意したのです」

   よくできた話だが、私は、以前から話が付いていて、話題を盛り上げるために仕組まれた「出来レース」だと思うが。

   次は男女9人を殺した史上最悪の快楽殺人犯・白石隆浩容疑者について。

   週刊文春によれば、捜査員を驚愕させた画像が彼のスマホにあったという。

   「ロフトのはしごに括り付けられたロープには、被害者の一人がぶら下がっており、すでに息絶えた様子でした。その"遺体"をバックにして、白石容疑者が何食わぬ顔で食事を取っているような自撮り写真が保存されていたのです」(捜査関係者)

   逮捕後、白石は手書きで複数の上申書を書いているという。更に捜査員に「思い出せる範囲で九人のことを書いておけ」といわれて、被害者のプロフィールや殺害方法を書いているそうだ。

   どんな気持ちで「その時」を思い出し、書き綴っているのだろう。

渡辺謙・南果歩カップルの離婚は?

   週刊文春にNY不倫を撮られた渡辺謙に対して妻・南果歩の怒りは収まらないようだ。

   別居状態が続いていたが、このほど、ついに離婚へ向けた話し合いが進んでいるという。

   不倫相手は、2人の話し合いが終わらないうちは会わないようにしているそうで、京都でお茶やヨガ教室に通って、謙と再び会える日を心待ちにしているそうだ。

   謙もひたすら円満離婚を望んでいるようだが、そううまくいくのだろうか。

   やはり週刊文春が報じた『ミヤネヤ』宮根誠司の「隠し子の母の激白」の後日談。宮根は、番組の中でこのことには一切触れず、視聴者への説明責任を果たしていないが、宮根をよく知る元朝日放送のプロデューサー吉村誠が、「宮根逃げるな!」と怒っているそうである。

   「男女関係はあくまでも当事者間の問題というのが私の考えです。ただ、ベッキーや山尾議員の不倫など他人のスキャンダルを番組で散々弄ってきた彼が、自分のことになると口を閉ざすなんて許されません。視聴者が『宮根はん、そりゃないわ。自分のこともしっかり言え!』と憤るのは当然。日馬富士の暴行事件でも、彼は『当事者に説明してほしい』と言っていたが、『どの口が言うとんねん』と突っ込みたくなる。自分のことは棚に上げ、他人の失態だけあげつらうのは卑怯です」

   こうした状況が続けば視聴者に呆れられ、視聴率は必ず落ちるともいう。

   だが、どうやって視聴者に説明するのか? 宮根ならずともなかなか難しい問題だとは思うが。

キャバクラ大好き、明石家さんま

   明石家さんまの女遊びについて。還暦を2つ過ぎても、なかなか女性関係はにぎやかだそうだ。秋には加藤綾子とのNYデートが女性セブンで報じられた。加藤のほうは交際を全否定したが。

   キャバクラも大好きだそうだ。

   「いつも大勢の後輩芸人を引き連れて店に来てくれますが、さんまさんの元気の秘訣は、とにかくエロく楽しむこと。お酒が入ると『あれ、あるんか?』と従業員に命令。全長三十五センチほどの電気マッサージ器を持ってこさせて、女の子たちの反応を楽しむんです。食事のときも『お前、この野菜スティックをエッチな感じで食べてみろ』と口に持っていく。女の子全員に本指名や場内指名を入れてくれるし、一晩で最低百万円は使ってくれる。気前がいいから女の子に嫌われることはありません」(都内のキャバクラ関係者)

   そりゃ、百万円も使えば、私だって喜ぶ。たけしやタモリは引き籠り型だが、さんまは内も外も同じスタイルの芸人のようだ。

   さんまの一夜妻A子が、60を超えると一人では寂しいと、家に来いと誘われると話している。

   会うたびに、「俺の子を産んでくれ、マンションも借りたる」というので、「子どもが生まれたら養育費いくらくれる」と聞くと、月30万円だといったそうだ。

   意外に渋ちんやな。さんまのポリシーは、エッチの対価としてのカネは絶対払わないということだそうだ。その代わり、女のいる店で盛大にカネを使う。

   元妻の大竹しのぶは『婦人公論』5月号で、「男性経験は30人以上」と告白していたが、いやはやどちらもすこぶる「性豪」のようである。

ソープ焼死者の実名なぜ出す?

   ところで、私がハワイにいる間に大宮のソープランドで大火事があったそうだ。

   だいぶ昔になるが、まだ元気だった芸能レポーターの梨元勝と大宮のトルコ風呂(当時はそういっていた)で遊んだことがある。

   彼はたしか、おじいちゃんと大宮で暮らしていたと記憶している。その頃は、トルコでひとっ風呂浴びて、それから呑むということがよくあった。その頃の大宮はまだ田舎だった。

   週刊現代によると12月14日、さいたま市大宮区のソープランド「KAWAII大宮」が全焼し、12人が死傷した。そのうち、従業員の女性2人と男性客2人が、一酸化炭素中毒で死亡した。

   大宮駅東口から北へ300メートルほど進むと、突然現れるソープ街は、「大宮北銀座」、通称キタギンと呼ばれるエリアだという。戦前の赤線時代から営業を続け、20軒近いソープランドが軒をつらねる。ここだったかな梨元と遊んだのは?

   障がい者収容施設で多くの障がい者が殺されても名前を公表しなかった警察が、今度は死亡した人の実名を発表したという。

   NHKや産経新聞は3人の実名を報道した。それによって死亡したA(42歳)のところへ取材陣が押しかけたのだ。

   週刊現代が父親にAの名前が公表されたことをどう思いますかと聞くと、「どこが名前を出した?」と怒ったという。それはそうだろう。

   警察がメディアに公表したのですというと、「内緒にしとけって言ったんだけど......。いずれにしても取材は受けない」と断った。

   死んだ4人は、黒焦げで、身元がわかるのは時間がかかるだろうといわれていたが、3人は意外に早く判明したようだ。

   私は原則、実名で発表するべきだと考えている。しかし、警察は実名で発表しても、このケースでは、メディアは何らかの配慮をする必要があったのではなかったか。

   Aは、好青年で礼儀正しい人だったと近隣の住民が現代に答えている。

   Aは命を落としてしまった被害者で、何の落ち度もないのに、ソープランドに行っていたことが、家族どころか全国に知られてしまったのだ。

   さらにソープで働いていたことが満天下に知られてしまった2人の女性は、セカンドレイプのようなものではないか。「KAWAII」の関係者がこう憤慨する。

   「実名を出した警察やテレビ局、新聞社に憤りがあります。女の子の家族が何を思うのか。借金を抱えて短期で働く子もいるんです。会社勤めもいれば、主婦だっている。家族には働いていることを伏せているのは当然のことでしょう」

安倍首相使うサプリは大丈夫か!

   次にいこう。安倍晋三首相が「日本ではご法度の『大麻草』に由来する外国製のサプリメントを使用している」と報じているのは週刊アサヒ芸能。

   そうなら厚労省の「大麻取締法」に抵触する可能性もあるというのだから、穏やかではない。

   アサ芸によれば、安倍夫婦と親しい永田町関係者は、安倍が使用しているのは、大麻草に含まれる化学成分のうち、CBD(カンナビジオール)を主成分とするサプリで、近年、日本でもヘンプオイルなどと呼ばれて人気で、個人輸入するケースが増えているという。

   「表向きは健康サプリとして販売されていますが、中にはマリファナなどの"代替品"として購入、使用している愛好家も少なくありません」

   こうしたサプリを愛飲していることは、16年7月に京都で開かれた第1回世界麻環境フォーラムで、昭恵夫人が公言しているのだ。

   昭恵は、あちこちで『日本を取り戻すことは大麻を取り戻すこと』だと話しているほどの"大麻好き"。

   てんかんや糖尿病、がんの痛みに有効だとして、アメリカに本社を置く大手メーカーから、CBDサプリを購入して、夫に使用させているというのである。

   だがこのサプリ、どんなにしても幻覚作用をもたらす成分のTHC(テトラヒドロカンナビノール)を取り除くことは難しく、厚労省からは、現実の運用と法律が乖離しているという声も上がり始めているという。

   また、安倍自身、CBDオイルにはTHCは含まれていないという認識の下、国会で、こう述べている。

   「THCには濫用の恐れがあり、かつ、幻覚等の有害作用があることから、大麻の医薬品として施用については慎重な検討が必要」

   アサ芸によると、CBDオイルを吸引すると目はとろんとなり、実に気持ちよくなってくるそうだ。

   妻の好きな赤烏帽子で、安倍首相が大麻中毒に? あり得ないことではないのかもしれない。

NHK受信料の割引制度

   先日、NHKの徴収員が私のオフィスを訪ねてきた。彼はいきなり、「NHKの受信料を払ってくれ」といった。

   冗談じゃない、私はNHKはおろか、民放のテレビも見ていないというと、いぶかしそうに「テレビはないんですか?」と聞く。

   テレビはある。だが、地上波デジタル放送が始まって、昔の古いテレビだから受信できなくなったのだ。

   今はビデオを見るか、音楽を聴くことにしか使っていない。すると「本当に映らないんですか?」。だったら上がって見てみるか! 

   今度は、「携帯は何を使っているんですか?」、iPhoneだというと、「アンドロイドではないんですね」、そういい残しブスッとして帰っていった。

   現代によると、NHKが公表している受信料の推定支払い率は78.2%。受信契約対象となる世帯数の推定が4621万件のところ、支払いを行っている世帯は3612万件で、実に5世帯に1世帯は、受信料の支払いをしていないという。

   それに意外に知られていないのが「家族割引」なる制度だそうだ。多くの人が対象になるのに、見逃している人が多い。

   NHK地方局勤務の山村順一(仮名)によれば、

   「徴収員が、わざわざこの制度をアピールして回ることはありません。契約時に、いちいち誰と同一生計なのかを確認することなどありませんしね。
申し込まない限り、正規の受信料を払い続けるハメになりますので、まずチェックすべきです」

   制度そのものは単純だ。親許から離れた学生や、単身赴任のビジネスマンなど、実家と生計が同一であれば、受信料が半額になるというのだ。知っておいたほうがいいだろう。

   絶対NHKに受信料を払いたくないという人は、東京大学醍醐聡名誉教授がいうように、

   「まずは『放送法には支払い義務が書かれていない』と突っぱねるべきでしょう。ただし、無条件で拒否するのではなく、『NHKの報道姿勢に疑問があり、国民の知る権利として報道されるようになるまで支払いはストップさせていただく』と丁寧に主張すべきだ」

   契約しているのに未払いのケースは、NHKが法的措置を取ってくるケースがある。法的措置を取った件数は、この10年間で9000件に達するという。

   中には裁判になり、NHK側が裁判所に提出した契約書に偽造の疑いがあったというケースもあるそうだから、受信料を取るためには何でもやってくるのだろう。

   だが、NHKの事業収入のうち99%を占める受信料は、年間6769億円にも上る。

   それだけ潤沢なカネを色あせた紅白などにつぎ込むのではなく、先日のNスぺ『核と沖縄』のような調査報道にもっと使うべきである。

平成の小説ベスト50

   最後に週刊現代の「平成の小説ベスト50」。書評家、書店員、本好き芸能人たちが選んだそうである。

   1位から10位まで挙げておく。『壬生義士伝』(浅田次郎)、『影武者徳川家康』(隆慶一郎)、『神々の山嶺』(夢枕獏)、『博士の愛した数式』(小川洋子)、『レディ・ジョーカー』(高村薫)、『火車』(宮部みゆき)、『模倣犯』(宮部みゆき)、『理由』(宮部みゆき)、『ガダラの豚』(中島らも)、『虐殺器官』(伊藤計劃)

   宮部みゆきの本が3冊も入っている。『火車』はよかった。『壬生義士伝』は映画のほうがよかった。この中で私のナンバー1は『影武者徳川家康』だな。

   出版科学研究所によれば、書籍と雑誌を合わせた17年の紙の出版物推定販売金額は前年比7%減の約1兆3700億円となるそうだ。

   13年連続で縮小している市場だが、落ち込み幅は過去最大となる見込みだという。市場規模はピークだった平成8年の約52%まで縮小する見通し。書籍が約7150億円、雑誌が約6600億円で書籍は11年、雑誌は20年続けて前年を下回る。来年は出版界にも明るいニュースがほしいものだ。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中