2018年 10月 19日 (金)

大相撲の「みそぎ場所」始まる 乱暴相撲を封印した白鵬、危うく勝ちを拾う

印刷

   横綱の暴行事件や行事のセクハラで揺れ続ける大相撲の初場所がきのう14日(2018年1月)、異例づくめの中で始まった。横綱白鵬と鶴竜が無給処分、初場所恒例の天覧試合もなし、最高位の立行司はこれも処分で出場停止中という「みそぎ場所」だ。

tv_20180115115345.jpg

貴乃花部屋の新小結・貴景勝が横綱に一矢

   けがからの復活をめざす稀勢の里と貴乃花部屋の貴景勝が対戦し、立行司の式守千伊之助にかわって三役格の式守勘太夫がさばいた。この行司判定に物言いがついて、差し違えに場内がどよめいた。初日から横綱が敗れたばかりか、貴乃花部屋の新小結が勝ちを得た。なんとも角界の現状を象徴したような一番になった。

   一方、格下力士にも張り手やかち上げを連発する乱暴ぶりが横綱審議会から「横綱らしくない」「美しくない」と批判を浴びた白鵬は、これも貴乃花一門の阿武咲とあたった。いつも立ち合いにやりまくっていた張り手は封印し、まともにぶつかったのはいいが、土俵際まで押し込まれて危うく勝ちを拾った。「横審ホッ」の見出しをつけたスポーツ紙もあった。

   相撲ファンの共同通信・柿崎明二記者は「白鵬の所作がすべてになるのでは。白鵬が今までのような取り組み方をすると、問題が長引く」

   司会の小倉智昭「そういう(張り手なしの)相撲が白鵬にできるかどうか。稀勢の里はとり方以上に勝ち星ですよ。この2人が、今場所は本当に、どうなるんだろう」

あっちゃん

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中